大好きなこの街から

 

待ちに待った2020年7月28日。

発表されてからずっと、この日のために生きてきたと言っても過言ではないと思います。前日とかソワソワして寝られなかったもん。遠足前日の子供かよ。

どう考えてもひとりで観たら死ぬと思ったので友人(最近WEST拗らせてる佐久間担)に通話を繋いでもらって見ました。ある意味ガチのライフライン

アーカイブなしの一度きり(結果的に1日限定でアーカイブ配信ありになりましたが)。配信がはじまるまでは全てを脳裏に焼きつけようと身構えていたけれど、はじまってしまえばそんな気持ちはどこかに飛んでいってしまって。画面の向こう側で繰り広げられている奇跡のようなお祭りを、ただただ楽しむことしかできませんでした。

 

 

まず「外なの!?」という驚きからはじまりました。やるならきっと彼らの原点でもある松竹座か、Jr.憧れの京セラドームだと思っていたので。

Lilかんさい、Aぇ! group、なにわ男子、ジャニーズWEST関ジャニ∞。各グループ少しずつ場所を変えながらパフォーマンスしていき、最後に『罪と夏』で関西ジャニーズが一堂に会した場所が太陽の塔を背にした特設ステージでした。しかも序盤からウォーターキャノンによる大量の水演出!メンバーみんなびっしょびしょ!本当はメンバーまで濡れる予定ではなかったそうですが生配信ならではのアクシデントですよね。夏らしくてよかった。相変わらず村上さんのMCは安定している。

 

 

画面が切り替わると関西ジャニーズJr.の映像が流れはじめます。2025年に大阪万博が開催される予定の夢洲地区。まだ何もないだだっ広い空き地をバックに歌う『My dreams』を聴いて、きっと5年後に大阪万博が開催された時に思い出して懐かしくなるんだろうなって思わされました。その頃この子たちはどこまで大きくなっているんだろう。

私の空耳かと思ったけど、やっぱりリアルタイムで使われていた音源には龍太くんとこーじの声が入ってましたよね。どう考えても正門くんの声じゃないよなって思ってた。つい最近『RIDE ON TIME』の関西ジャニーズJr.特集を観たばかりなのですが、あのふたりの影響力みたいなものはものすごく感じていたので、運営側のミスだったとしても(アーカイブでは差し替えられているので)ある意味ではあのふたりもドリアイのステージに立てたんだなってド新規ながらにエモみを感じました。

 

 

そんなドエモの直後にはじまったのがメンカラメドレー。全くもって心の準備ができていなかったので、画面が切り替わった直後にレッドの4人が映ってOne Loveの前奏が流れてきても脳が理解できなくて「なんかやべえの聞こえてきた…」という言葉しか発せられませんでした。ほんとにね、記憶がない。自担いるのに覚えてない。アーカイブ見てやっと理解しました。嘘。アーカイブ何周してもやっぱりこの曲だけは脳が理解することを拒んでいます。言葉にできない。とりあえず自担に百年先も愛誓った。

 

次がオレンジのエネルギー。私もリクエストこそしなかったのですが、オレンジは絶対にこの曲がいいと思っていたのでちょーーーー嬉しかったです。だってこの4人、個性こそバラバラだけどめちゃくちゃエネルギッシュじゃん?事前に演出、行動リクエスト募集もしていましたが、ワイパーとかパーン!とか超お馴染みというか関西のオタクにとっては挨拶みたいなギャグたちがふんだんに盛り込まれていてテンション上がりました。

初めてこの曲を聴いた時に、グループの曲だけど丸山さんとの親和性めちゃくちゃ高いな、と思ったことがいまだに強く印象に残っていて。そんな曲を丸山さんを筆頭としたオレンジがやってくれたことがなによりも感慨深かったです。

 

続いてイエローペットショップラブモーション。ここもね、親睦会で本人たちも言ってたけどかわいい系かイロモノ系(主に『バィバィDuバィ』のせい)かの2択だなあとは思っていたんですよ。そしたら噂のペトラ!まさに「そうきたか!」でした。32歳のうさぎさん、あざとくて趣深い…!マンネちゃんの猫もこたちゃんのネズミもハチャメチャにかわいかったけど、やっぱり優勝は草間プードル敬太さんです。いつもコスプレ名言塾見てて思うけどリチャはどんな衣装も着こなせてすごい。超絶かわいい。コンセプトは「かわいいを全力でやる面白さ」だったそうですが。最後のコントみたいな掛け合いも淳太くんの采配感があって最高でした。

 

その直後に来るのがブルーのDye D?。いやね、私も一番最初に浮かんだ曲ではあったけど原曲の完成度とか人気がめちゃくちゃ高いからそのまま残しておきたい曲のひとつなのかなって思ってたんですよね。作戦会議動画で「ダンスもやりたいしギターもやりたい」という話をしていたので結構序盤で候補から外していました。しかもブルー、webで高度な情報戦しかけてきたじゃないですか…!まんまと騙された…!あれだけいろんな曲名が連ねられてたら誰が縦読みだと思うよ!?裏の裏をかかれまくっていざ流れたのがこの曲で「あー結局ダンスだけに絞ったのかあ」と思ってたわけですよ。そしたらなんか聞いたことないアレンジが聴こえてきた上にツインギター出てきて。なんなら歌詞も追加されてて。こんなの死ぬじゃん!?裏の裏の裏までかかれてるなんて聞いてないよ!?そんなこんなで天才的にカッコイイ5人の吸血鬼たちの手のひらの上で見事に踊らされてしまったわけです。いや、この場合「染められてしまった」と言うべきなのか…。

 

そしてグリーン愛のかたまり。グリーンは一番器用になんでもできちゃいそうなメンバーでもあり、小細工なしに一番歌声が綺麗なメンバーでもあるので(るーくちゃんだけ未知数だったけど)、しっとりとバラードを歌いあげてほしいなって思っていました。そしたらド王道のバラードで来た。大正解です。まさやちゃんの繊細で透き通った歌声聴きました!?るーくちゃんの歌声があんなに男らしくて格好良いなんて初めて知ったし、大倉さんの大人の色気も兼ね備えた切ない歌声も素敵でした。神ちゃんと大橋くんのハモりはもう国宝でしょ?府を挙げて早急に保護するべきだと思います。

グリーンはみんなでくらすますの更新をしたり(しかも更新頻度高め)、その延長線上でファンネームを決めたり(ドリアン貴族)(通称ドリキ)と関係性が可視化されていたこともあって一番身近な感じがしていました。みんな「たっちょん」呼びできてよかったねえ(涙)

 

ピンクはFIRE!!。ここはある意味一番意外でした。ラジオも聞いてたけどこっち系で来たか〜!って感じ。唯一の2人組だったからこそのシンメ曲。藤北の曲だっていうのは知ってるけど御本家の曲は聴いたことなくて、HiHiJetsのパフォーマンスで聴いたことあるくらいだったのですが。また印象が違ってめちゃくちゃ格好良かったです。同じピンクの衣装でも白地と黒地の色の対比があったりして最高でした。どの瞬間切り取っても美だった。ここまで来ると芸術品です。ピンクの顔面偏差値ズバ抜けてるしスタイルおばけだった。脚何mあるんだ?2人の股下の長さ足したら地球一周できそう。

 

パープルことなす!ここもキラキラかイロモノかの2択っぽさあったけど、先日配信された『if or...NEO』で村上さんが伝家の宝刀『シンデレラガール』を歌っていたので予想がつかなくなってしまいまして。他のチームは動画なりラジオなりでこういう感じでいきたい、みたいなものが提示されていたのに対してなすはカウントダウン動画まで何の動きも見えなかったのがちょっと不安だったんですよね。全然大丈夫だった。むしろ最高だった。

まずkoi-wazuraiの前奏が流れた瞬間「やられた……」と思ったよね。しかも出だしの濵田さんの歌声がめちゃくちゃいいんだこれが。全然リアコとかじゃないけどメロメロになってしまった。まさに恋煩い(誰が上手いこと言えと)(上手くはない)

なす、キラッキラのアイドルでした。確かにあの人ら言動には難ありだけど(褒めてる)ビジュアルは最高に整ってるんですよね。ある意味一番バランスが良かった。村上さんが超楽しそうに歌ってたのが超印象に残ってます。びゅーりっほーでいず。

 

そしてトリはブラックこと横山裕さんソロパート。噂の『cHocoレート』のバックがまーーーーエモくて。みんなめちゃくちゃ楽しそうだし、自担もステージ上の水で足を滑らせながらもめちゃくちゃはしゃいでてさすがに泣いてしまった…。あの頃少しとはいえ関ジュをかじっていたからこそこのエモさを感じられたと思うとあの頃の自分に感謝したいです。

楽曲自体は初めて聴いたのですが、横山さんまじでかわいかったな!?てゆうか何年経っても全然歳取らないですよね!?さすが永遠のピーターパン…。

 

 

画面が切り替わり、京セラドームで収録されたWESTの映像が流れはじめます。ドーム公演の中止が発表されてめちゃくちゃ悲しかったんですが、こういう形にはなってしまったけどドームで『証拠』を歌う姿が見られたのは本当に嬉しかったです。やっぱりこの曲はちょっと特別な感じがするので。でも本音を言えばドームで生で聴きたかったなあ。また絶対ドームで公演してほしい。待ってます。

 

 

グループ対抗ゲーム。ちゃんとバラエティーコーナー持ってくるのが関西ジャニーズらしいなって思ったり。絵描き歌対決とか言われたらU字の水槽だと思っちゃうし、U字の水槽してないのにトレンド入りしててめちゃくちゃ笑った。オタク同じこと考えすぎ。途中で大倉さんが「こんなに天気いいんだからゲームなんてやめて歌わない?」みたいなこと言い出して本末転倒がすごかったけど、あのわちゃわちゃ感がすごく関西っぽくて最高の時間でした。ヨコヒナはいつの時代もすごい(すごい)

 

 

大阪城前で収録されたエイト兄さんたちの『Re:LIVE』。あの曲すごいですよね。エイトのことちょっとしかかじってない私にだって刺さりまくる。いろいろ思い出しちゃうよね。この人たちの力なくしては関西ジャニーズがここまで大きくなることはなかったと思う。今までもこれからもずっと先頭に立ってその大きな背中で後輩たちを導いてほしいし、憧れの先輩でい続けてほしいなって思います。

「あの日々なくして、今はない。」

 

 

画面転換からの『ブリュレ』はテンション上がったなあ。めちゃくちゃ好きなんですよね。

その後ろに控える赤衣装のWEST。何やるんだ?と思ってたら流れ出す『YSSB』。まじか〜〜〜〜!?!?!?!?しているとだんだんJr.組がステージ上に集まってきて最終的にエイト兄さんたちも踊り出す。無理無理無理無理!!!!!!!!脳が追いつかねえ!!!!!!!!

呆気にとられているとはじまる『Game of Love』。なんと作詞作曲振付の神山大先生も一緒に「Let's play the game」してるじゃないですか。何が起こってるのか理解するのにだいぶ時間がかかったけど、理解した瞬間に大絶叫ですよね。いつか絶対一緒にパフォーマンスほしいと思っていたので実現してくれて本当に嬉しかったです。WESTの他のメンバーも全員踊ってて大大大天才だった。神ちゃんがセンターのGoL、もうすごすぎてすごかった(語彙力の死)

 

 

エイト兄さん仕切りのJr.紹介コーナーを挟んで呼び込まれたのがAぇ! group。もうね、紹介中ずっと背後にエイトのロゴが入ったドラムとAぇ!のロゴが入ったドラムが見えてたのでセッション!?セッションなの!?とパニックになっていました。やっぱりセッションだったよね!!!!!!夢が叶っちゃう〜!!!!!!(CV.佐野晶哉)

この『勝手に仕上がれ』に関しては正直語りきれないです。だって過去の自担と今の自担が肩組んで歌ってる未来なんて誰が想像した?同じくらいの背丈の赤と青が横並びでいるだけでいろんな気持ちが溢れすぎてさすがに泣いちゃった。この瞬間の全てが宝物でした。本当にありがとうございました。

 

 

ここからがセッションの余韻にも浸れないほど怒涛だったんだよね。WEST×りとかんのプリンシパルの君へ』。どっちのパフォーマンスも見たことあるけど、ここでコラボはずるいよー!!!!と思いながらもテンション爆上がりでした。かわいい。こんなのかわいいの暴力です。いつかWESTにも『Lil Miracle』歌ってもらおうね。

次にJr.組が『Can't stop』を歌いはじめたと思えば関ジュの波を割って現れる作詞担当の大倉さんと作曲担当の安田さん。ラスボスの登場です。GoLのコラボがあったとはいえこの曲でも生産者が出てくるなんて夢にも思ってなかったので度肝を抜かれました。なんだこのエモの爆弾は。受け止めきれない。

そしてなにわ×WESTの『ダイヤモンドスマイル』。これもかわいいの大渋滞だった。まずWESTがキラキラのアイドルしてた。最高。マンネちゃんも言ってたけど濵田さん絶対振付入ってなかったよな…動きぎこちなかったもん(笑) なにわとWESTって同じ7人だしメンカラの配色も同じだから親和性高いんですよね。いいものを見せてもらった。他の曲もコラボしてほしいな。

なにわと一緒にポーズしてはじまる『ええじゃないか』、めちゃくちゃエモかったな…。この曲はJr.の公演でもお馴染みのナンバーだと思うんですが、やっぱり御本家様が混ざってると印象が違いますね。エイト兄さんたちも出てきて全グループでわちゃわちゃ歌ってくれて最高でした。

そして一呼吸置いて流れはじめる『大阪ロマネスク』。今回のテーマ的に絶対全員で歌ってくれるだろうと信じていましたが、まさか本当に歌ってくれるとは…。私が初めて買ったエイトのCDが『∞SAKAおばちゃんROCK』であり『大阪ロマネスク』だったので、やっぱりこの曲には並々ならぬ愛着があるんですよね。生まれて初めて大阪に遊びに行った時も「ここがロマネの歌詞に出てきた場所…!」ってすごく感動した記憶があります。エイトの曲聴きながら乗る御堂筋線、ハチャメチャにエモかったな…。関西を拠点に活動してるからこそ歌える曲だし、いつまでも色褪せない名曲のひとつだと思っています。大好き。

最後は『関西アイランド』。関ジュの曲だけどめちゃくちゃ景気が良くて大好きです。花火も打ち上がっちゃうしな。

そしてまさかのアンコールありで『バンバンッ‼︎』。水鉄砲で撃ち合いしててまーーーーじでかわいかったな!?全編通して目が足りなかったんだけどここが一番目が足りなかった。何が起こってるのかわからない出来事が多すぎてハチャメチャ音頭でした(曲が違います)。自担定点カメラ欲しい。売ってください偉い人。

 

 

 

いやね、終わった後まじで放心状態になっちゃって。めちゃくちゃ楽しかったけど何が楽しかったかわからないというか、アルコール摂取しながら観てたせいもあるかもしれないけど半分以上記憶が抜け落ちてて。でも充足感に満たされてて。こんなに幸せなことってあるんだなって思いました。

今回、バラエティーコーナー(とMCと諸々のおふざけ)を除いて楽曲面で笑いに走ることがなかったのがちょっと新鮮で。普段は関東と差別化するために関西色で一番わかりやすい笑いを提供してくれているだけであって、関西だから面白いことしなきゃいけないっていう考え方はもう古いんだろうなって思わされました。彼らは関西ジャニーズである前にジャニーズなんですよね。全員が関西出身だからこそ全員が同じ土俵の上で格好良さを最大限に発揮してくれたのかなって思います。まあそんなことを言ってはいますが、コントコーナー(特に女装)は大好物なのでこれから先もずっと続けていってほしいです(私欲まみれ)。あと水バシャーン!花火ドカーン!みたいなド派手で景気の良い演出は関西っぽくて最高でした。全メンバー真っ赤な衣装でバチバチに踊ってるのとか治安悪くて最高。ああいうギラギラした感じはこれからも忘れないでほしいです。

関ジャニ∞を好きになって、それがきっかけで当時の関西ジャニーズJr.のことも好きになって。しばらくしてその頃好きだった関西ジャニーズJr.がデビューしてジャニーズWESTになって。それから何年も経って今の関西ジャニーズJr.も好きになって。ドリアイの開催によって今まで私が見てきた点が線として繋がったことがめちゃくちゃエモくて。これが歴史か…と思わされました。すごいよね。あの頃はこんなことができるようになるなんて想像もつかなかった。

この関西ジャニーズ史上最大のお祭りは皮肉にもこのご時世だからこそ叶ったのかな、っていう気がしています。恒例行事になってほしい気持ちもあるけど、あの日あの瞬間だけだから美しかったのかもしれないなって気持ちもあります。でもまたいつか絶対やってほしい。次は会場で生で観られたらいいな。

あの頃から形はどんどん変わり続けていて、それがいいとか悪いとかそんなのは私にはわからないけど。少なくとも私は今の関西ジャニーズの形が大好きです。

 

 

この公演を皮切りに、およそ1ヶ月間にわたるJohnny's  DREAM IsLANDがはじまります。まさかジャニーズがコンサートを生配信する時代が来るなんてね…。ほぼ同時進行でサマパラも配信されるからオタクめちゃくちゃ忙しい。でも楽しい!あとは自宅のよわよわWi-Fiくんが頑張ってくれることを祈るだけです。頼りにしてるぞ!

…ていう記事を本当はなにわの日の直後に上げたかったんですが、ブワァーしすぎて(それは重岡大毅)めちゃくちゃ時間かかっちゃいました。てへぺろ。個人的な覚え書き程度のものなので不備があったらすみません。

WESTの配信も観ました。エモすぎて泣いちゃった。感想はいろいろあるけど今回は割愛で。過去も今も未来も全部ひっくるめて優しく抱きしめてくれるジャニーズWESTが大好きです。

来世は関西ジャニーズJr.になりてえ。

 

f:id:hiki_warai:20200831004721j:image