JDI Aぇ! 感想文

Johnny's DREAM IsLANDのAぇ! group単独公演が無事に終了しまして、約1ヶ月間に渡って開催されたドリアイが閉幕しました。私の夏が終わった…。日程が発表されてからずっとこの公演のために生きてきたので、今後何を楽しみに生きていけばいいかよくわかりません(激重)

夏の生配信については観られた公演の感想をまとめた記事を上げようと思っていたのですが、やっぱり自軍の公演の感想はとてつもなく長くなってしまったので、こちらについては単独で記事を上げることにしました。ちなみに3公演まとめての感想なのでいろんな公演で起こったことが入り乱れております。ご了承ください。テンションだけで書き殴ってるのでしっちゃかめっちゃかですが、今持ってる感情を書き残しておきたくて。

てゆうかJDIって略し方合ってんの?急にこじけんが使いだして疑問に思ってたら正門くんもwebでこの表記の仕方してたからもんビバに倣ってJDIという名称を使わせていただきました?わかりづらかったらもんビバのせいです。

 


まず「Johnny's DREAM IsLAND 2020→2025 〜大好きなこの街から〜」というタイトルコールからはじまりまして。これグループの公演ごとに声違うんですよ。知ってました?Aぇ! group、めちゃくちゃ声低かった。最後の公演は「FINAL」ってついてて泣いちゃいそうだった。

そしてはじまるOP映像。とてもかわいらしいアニメーションが流れはじめ、これ合ってるの!?と初回は若干不安になりました。アニメーションの内容はシンデレラ。これはもしや……?と思っていると6人の王子様たちのシルエットが映り、流れ出す『シンデレラガール』。歌い出しは誠也くん。大天才だと思った。白い衣装に身を包まれた6人はみんなキラキラのアイドルだった。ちなみにこの白衣装は誠也くんデザインです。自分にリボンタイ持ってきたの大正解では?あと王道の王子様衣装なのにたいちぇがワイドパンツなのまじで天才。小島はただのディズニープリンス。

6人で大きなハートを作るところからはじまったWhite Love。この曲もキラキラでね。まさまさの背中合わせで毎回死んでた。フォーメーションがかわいい。メンバーが誠也くんを囲んでからの前に出てきて踊るパートがめちゃくちゃ好きでした。

この2曲、島動画に定点カメラで撮ったFirst Takeがアップされています。初めての定点ダンス動画。愛おしすぎて泣いちゃった。ドリアイ観てなくても是非見ていただきたい後世に残したい映像です。よろしくお願いします。

 


「どうもAぇ! groupです!」というお決まりの挨拶の後にはじまる夏メドレー。『罪と夏』はバイクを使った演出でリチャ末、もんビバ、さのちぇの組み合わせ。もんビバめちゃくちゃひっついててクソデカ声が出た。1回目と2回目の間に更新されたもんビバ島動画観てからだと高低差で死ぬ。たいちぇの「マジだぜ」が解釈一致すぎて最高でした。誠也くんの上ハモが効きまくっていた。

その後流れ出したのはたいちぇが好きだと言う『SUMMER TIME』。スポットライトの演出がめちゃくちゃ綺麗だったのと振付が本家と同じだったのとで懐古厨こと私は泣きそうになりました。そしてはじまるゼロディスタンス(どころか顔が近すぎる)デート。こんなの王道乙女ゲームじゃん。誠也くんの横顔とピアス(とシリコン製ピアスキャッチ)に恋した。個人的にはたいちぇのほっぺにちゅーして、みたいなジェスチャーで死ぬかと思った。てか死んだ。

年下組とのハイタッチからはじまる『Sha la la☆Summer Time』。誠也くんの爽やか系フェイクがたまらん。曲の終わりにちびジュがスティックバルーンでAを作ってくれててちょっと感動しちゃいました。いつか絶対バレーボールのスペシャルサポーターやろうね。

 


そしてJr.コーナーの『ワッハッハー』と『WAになって踊ろう』。平均年齢11.2歳ですってよ。さすがに産んでる。個人的にはこの夏、この子たちが一番頑張ったんじゃないかと思っています。いろんな公演観たから結構名前覚えた。お疲れ様でした。

 


そして新しい毛皮の衣装を身にまとい登場するAぇ! group。流れ出す『Party-Aholic』。死を覚悟した。こちらもお馴染み誠也くんデザインとなっております。白衣装とは打って変わってハチャメチャに治安悪くて最高。しかも初のメンカラ衣装!うれしい!いつも誠也くんの「Shhh」で死んじゃう。腹チラパート6分割画面にしようって言ったの誰ですか!?金一封差し上げたい!!ありがとうございます!!

一呼吸置いて前奏とともに画面に表示される『Stray dogs.』の文字。なんとジャニーズWEST神山智洋さん作詞作曲の曲。webで神ちゃんが「サプライズがあったり?」的なことを言ってたのでまさかとは思っていましたが…。ガチだった…。しかも歌詞にメンバーの名前が散りばめられていて大感動でした。神ちゃんの作る曲めちゃくちゃ好きなんですけど、まさか自軍に曲提供してくれるなんて思ってなかったので本当に夢みたい。ありがとうございます。感謝してもしきれない。直訳すると「野良犬たち」という意味のこの曲。まさにAぇ! groupにぴったりのタイトルで大好きです。Wセンターである末規が向かい合って歌う「心のうち 吠えてみても 虚しくかき消されていく」のハモりがもう泣きそうになるほど好き。あと誠也くんの「Grrrrrr」(ここもちゃんとrが6個なの、神ちゃんだなあと思う)からの舌出しで毎回死んでる。本望。

 


MCコーナー兼お着替えタイム。「ごゆるりと」はこの夏Aぇ!担の流行語大賞取ったのでは?正門くん春松竹からずっと引きずってる(笑)

8/24は誠也くんの26歳のお誕生日でした。昼公演で小サプライズ(誠也くんぬいと誠也くん以外のメンバーで誕生日パーティーしてる映像が流れる)(誠也くんは知らなかった)があり、夜公演で本当のサプライズがあって。もーーーーほんとにかわいかった。ひとつひとつ「そういうことやったん!?」と伏線回収していく姿はまるで名探偵セイヤ。ほんと、あんなに無邪気に喜べる26歳他にいないのでは?かわいすぎて死んじゃいます。

 


そして6人でステージに座り、満を持して名脇役を歌ってくれます。ステイホーム期間中にまさやちゃんがこの曲をピアノ弾き語りする島動画が上がってからずっとフルで聴きたいなあって思っていたので、今回こういう形で実現してくれて本当に嬉しかったです。正門くんに「そんな風に優しくすんなよ」と「なにかしらの間違いでいいから 僕のものになってくれないかなあ」を歌わせたの誰ですか!?死んじゃいます!!さのすえが顔見合わせて笑ったりしてて超エモかった。今年の夏めちゃくちゃ聴いた『名脇役』、個人的にはAぇ!のが一番好き。大好き。

 


紫衣装を羽織って関西Jr.シャッフルコーナーの『Lil Miracle』。これね、Lilかんさいが『ダイヤモンドスマイル』、なにわ男子が『Firebird』を歌っていたのでAぇ!は絶対『Lil Miracle』だ!と騒がれていたのですが。やっぱりそうだった。最高。みんなやりたがってた曲だったそうなので叶ってよかったです。楽しそうに歌っててかわいかったな。とあちゃんパート歌うこじけんさすがだったんだけど、声とか仕草とかも真似しててさすが通り過ぎてちょっと怖かったです。歌い終わった後満足しすぎて成仏してたし…。怖…。

こじけんが生き返ったと思ったら突然の「ヤッホー」。みんなでワーッハッハ!が流れはじめます。何故この選曲!?がすごかったけどこの曲歌いこなせるのAぇ!しかいないのでは!?そしてまさかのよしこの登場に強火よしこ担のワイ、大歓喜でした。春松竹のオーラスにも一瞬よしこ出てきたけどそれも大騒ぎした。よしこ大好き。

「ちょっと喉渇いたな…」というこじけんが飲み物を取りに行くとそこにはアルコールが並べてありまして。「よしこの分なくない?」「よしこは子供やからあっち!」そこで我々オタクは思い出すのです…よしこ(というかまさやちゃん)が未成年だということを…。恐ろしい子…!「カンパーイ!」という掛け声とともに『カンパイ・ソング』がはじまります。アイドルが作り物とはいえアルコール持ってステージ上に立ってる姿見たことある!?私は初めて見た!!誠也くんワインがめちゃくちゃ似合う。さすが聖夜様。ビール近づけられるとイヤイヤって首振ってたのがかわいかったです。あと現役大学生ビバちぇのラブショットで大興奮した。最高。

そして『weeeek』。正直NEWS2曲もやってくれると思ってなかったので嬉しかったです。毎回リチャが最後のポーズ指定してたんだけど誠也くんがきゃっきゃしててかわいかった。リチャ末よき。

今回はコントをやらなかった分ここのパート(わちゃわちゃメドレー)がコント色強めで。かなりとっ散らかってた気がするんですけど回を重ねるごとに愛着が湧いてきました。Aぇ!にしかできない構成のひとつなんだろうなって思ったらめちゃくちゃ愛おしくなっちゃったよね。横山Pイズムを感じた。

 


赤衣装に着替えて関西メドレーに突入します。まず『旅人』。「また8月がやってきました」っていう正門くんの挨拶からのメンバー紹介は爆エモすぎて死んじゃうやつでしょ?メンバー紹介もメンバーの名前が入ったのぼりもエモポイントでした。

『LET'S GO WEST〜K A N S A I !!〜』ではマイクスタンドにぬいぐるみが座っててめちゃくちゃかわいかったです。自担のぬいぐるみ欲しいから受注生産で売ってくれ。金ならいくらでも出す。

そしてドリアイお馴染みの『関西アイランド』。この曲聴くと無条件でテンション上がるよね。最高です。

 


そしてバンドパートへと突入していきます。ドリアイTシャツに着替えた正門くんのギターソロからはじまり、まさやちゃんのドラム、こじけんのキーボード、たいちぇのベースソロ…。たいちぇめちゃくちゃ上手くなりましたよね。まだはじめてそれほど経ってないのにすごいなあっていつも思う。そして楽器隊に合流するリチャ末の背中がめちゃくちゃ神々しくて。なにわの日にエイト兄さんたちと対バンした『勝手に仕上がれ』でも思ったけど、このふたりの背中にはいろんなものを重ねて見てしまうところがあって。誠也くんの「West side〜!!」っていうロングトーンのシャウトとか、なんかもう、ね……胸がいっぱいになっちゃう。そんな感じでモノクロ映像に切り替わってはじまる『West side!!』。リチャ末のハモりってどうしてこんなにエモいんだろう。

春松竹で初披露された新曲『Break Through』。正門くん、今回は一度も間違えずに歌えました!この曲めちゃくちゃAぇ! groupっぽいですよね。好きです。

 


そしてメンバーが楽器を置いて前に出てきたと思ったらまさやちゃんの挨拶ではじまる『ボクブルース』。作詞こじけん作曲まさやちゃんの曲です。私はド新規オタクなので噂には聞いていたもののこの曲を聴くのは初めてで。やっと聴けた。「Aぇ! group(僕たち)の心(声)を」。すごくまっすぐな歌。この人たちのこういうまっすぐなところが好きなんだよなあって改めて思わされました。

 


アンコールはFirebird。自分のぬいぐるみを抱えて登場するAぇ! group、かわいいが過ぎる。意外とみんなぬいの扱いが優しくてびっくりしちゃった。中でも誠也くんはずっと抱き締めててかわいすぎた。島動画もめちゃくちゃかわいかったです。ばぶちゃん。いつもなら誠也くんが「熱くしてやるよ」ってお決まりのセリフをキメるパートはものの見事に年下組に掻っ攫われまして。本人も爆笑しててまじでかわいかったな。平和な世界。

最終公演のアンコールはみんなで松竹座ありがとうTシャツを着て登場してまして。Lilかんさいも急遽駆けつけてくれました。客席にりとかん見つけた時の誠也くんの顔、ハチャメチャにかわいかった。そしてりとかんを交えての『関西アイランド』。あのわちゃわちゃ感最高ですよね。関西らしい。とあちゃんがこじけんに捕まってたし最後とあちゃん本人から注意されててゲラゲラしてしまった。でも久しぶりにこじけんがとあちゃんと濃厚接触してるところが見られてちょっと嬉しかったんですよね。とあちゃんごめんね。

 

 

公演前に雑誌のインタビューで「1、2曲目は博打」という話をしていたので、彼らが博打だと思っていそうな今までやっていないジャンルと言ったら王道キラキラアイドルソングなのかなっていうのはちょっと予想してて。実際に幕が上がってみれば想像以上のキラキラ王道アイドルっぷりでした。

Aぇ! groupって自分たちのことを「キラキラしてない」「王道じゃない」って言いがちなんですけど。今回の公演を観て、誠也くんがJr.維新のインタビューで「Aぇ! groupはキラキラじゃないってみんなよく言うけど、僕はそう思ったことないです」と言っていたのを思い出しました。Aぇ! groupだってキラキラのアイドルだよ。

今回の公演でAぇ! groupはキラキラもギラギラもわちゃわちゃもしっとりもできる万能アイドルだって世界中に知れ渡っちゃったんじゃないかなって思っています。バンドもできるしお芝居もできるしコントもできる。最高の男たちです。

個人的には『Break Through』の「はみ出したもん勝ち 先手必勝 集う個性 いざ推して参ろう」って歌詞がめちゃくちゃAぇ! groupを体現してるなあって思ってるんですけど。いろんな個性が集まってできたこのグループ。アイドルとしてはちょっとはみ出してるのかもしれないけど、それすらも武器に変えて戦っている彼らが愛おしくて仕方ありません。「自分たちの個性を思いっきり出して自分たちが王道になればいい」。本当にこの言葉の通りだと思っています。

ド新規オタクなりに、Aぇ! groupについていけばいつか絶対に面白い景色を見せてもらえるんだろうなという確信があります。絶対に売れてやろうな。

 

f:id:hiki_warai:20200830133328j:image