2022/2/16

本日2月16日はSnowMan目黒蓮くんの25歳のお誕生日です。

おめでとうございます。一年で一番大切な日。国民の祝日にしてほしい。

昨年もやりましたが好きなところをつれづれと書き綴っていこうと思います。今年はひとつ増えて25個!項目ははほとんど同じですが、少しだけ内容を変更しています。これを毎年の定番にしていきたい気持ち。今年は去年ほど長くないのでサクッとご覧ください。

ちなみに去年の記事はこちら。

 

 

1.顔

2021年下半期国宝級イケメン第二位。素晴らしく顔がよい。24歳も顔がよくて最高だった。25歳も最高が約束されてる。一時期多忙により頬がこけるほど痩せてしまっていましたが、今はまんまるなお顔をしていていっぱい食べてくれてるんだなあとうれしくなります。シュッとしてる方が好きではあるけどあの頃は心配で仕方なかったら今くらいがちょうどいい。いっぱい食べて。

 

2.スタイル

2021年はたくさん雑誌の表紙を飾りましたが、中でもインパクトがあったのがTarzanの表紙。気づいたら腹筋バッキバキだったね。首から肩、上腕にかけてかなり筋肉質になったイメージなんですが、宅トレでの成果なようで…。こういうところにも努力の結晶が表れているのが素晴らしいなと思います。私も見習わなければ…。

 

3.性格

負けず嫌いで、まっすぐで、真面目で、裏表がなくて、気取ってなくて、やさしくて、人間くさくて、ちょっと天然で…。挙げ出したらキリがないけど全部長所。周りの環境が急激に変わったこともあって考え方とかは多少変わった部分もあるみたいですが、芯の部分は全然変わってないどころかもっと太く根強くなっているイメージがあります。今後も自分の意志を貫いていってほしい。彼の人生は彼のものでしかないので。

 

4.声

低い。以前と比べてだいぶハキハキ喋るようになったような気がする。ぼそぼそ喋ってるのも個人的には好きです。ラジオとかで声聴いてても耐えられるようになってきらたけど今でも時々「うわー今脳が溶けてる…」と思う瞬間があります。

あと声っていうジャンルでいいのかちょっと不明ですが、目黒くんの中国語の発音が好きすぎて困っています。なんかちょっと間延びした発音って言えばいいの?あれが目黒くんの声質と相まってめちゃくちゃいい。『消えた初恋』関連でWeiboを駆使して中国語で発信してたのすっごくよかったです。

 

5.歌

どんどん上手くなっていく。声質のせいもあると思うけどバラードとの相性がいい。特に『Secret Touch』とか『EVERYTING IS EVERYTING』みたいなちょっと切ない系のバラードを歌わせたらピカイチだと思っていて、表情もあいまってめちゃくちゃ沁みるんですよね。パフォーマンスしている姿を見ると「演じるように歌う人だなあ」という感想が漏れ出るんですが、久しぶりに生で見た目黒くんに対しても心の底からそう思ったので私の目黒くんの印象ってこれなんだろうなって思います。

最近高音パートの割り当てが多いイメージ。初めてキッシンで高音パートが割り当てられてることを知った時、これ生歌でも外さずに出せるの…?と不安に思っていた時期もあったのですが、蓋を開けてみると外したことないんですよね。下ハモパートの安心感も好き。結果なんでも好き。

 

6.パフォーマンス

2D.2D.の頃からパフォーマンス中に笑顔が増えたなって思ってたんですけど、最近はそれ以上に笑顔が増えました。純粋に楽しくて仕方ないんだろうなって思いながら見ています。

やっぱり目黒くんの重心下めの腰を落とした動きがめちゃくちゃ好きなんですけど。岩本さんの振付って下半身重心が多くて、目黒くんのダンスとめちゃくちゃ相性いいんですよね。最高。でも最近目黒くんの首と胸の動きが好きだということに気づいてしまい結局全部好きじゃんとなりました。

あと、Johnny's FestivalでKing & Prince先輩と一緒に踊った『シンデレラガール』が最高すぎて…!以前音楽番組でもパフォーマンスさせていただいていましたが、今回はコラボだったのでまた違う良さがありました。何がよかったって目黒くんのダンスがめちゃくちゃしっくりきたこと!普段自グループの楽曲を踊ってるとそれがオリジナルだからそれほど特別なことは感じないんだけど、別グループの楽曲を踊ってるのを見てしっくりきたってことはこの人のダンスめちゃくちゃ好きなんだなっていう謎理論が発動しました。

目黒くんを好きになったきっかけがお芝居だったせいか当初は目黒くんのダンスが特別好きだというわけでもなく…。でも今は胸を張って好きだと言い切れます。だいすき。

 

7.お芝居

2021年は2本の作品に出演しました。

『教場Ⅱ』では警察一家に生まれた重圧に抗おうとするものの、守るべき大切なものを手に入れて警察官になる決意をした青年を。『消えた初恋』ではちょっと恋愛に疎くて鈍感で、でもやさしくてまっすぐな男子高校生を演じました。

どちらも静のお芝居だったので、表情や仕草から感情の機微を拾い上げるのがすごく楽しかったです。作品も役も全力で愛して、細かいところまでこだわって役づくりをしていることがお芝居からちゃんと伝わってくるのがうれしくて。どんどん上手くなっていくのが手に取るようにわかります。25歳の目黒くんのお芝居もたくさん見られますように。

次にお芝居が見られるのは映画『おそ松さん』になるのかなあ。絶対に動のお芝居なのでどこまで振り切って演じているのかめちゃくちゃ気になっています。あの髪型でもホスト役が似合っちゃうの普通に考えておかしい。

 

8.愛すべきおバカ

特筆すべきは『くりぃむナンタラ』のドッキリ企画ですよね。クイズ番組で正解を出すのが夢だった目黒くんが素晴らしい知能をお持ちの皆さんに支えられて正解を連発しておりました。違和感すごかったなあ。良心痛みまくりの目黒くん、目黒くんらしくてよかったです。無理に頭良くならなくていいよ。今のままの目黒くんが好きだよ。

 

9.ファッション

この一年も目黒くんらしい格好してたなあという印象。紅白のリハーサルで着ていたコートがかわいくて好きでした(あれ私服だよね?)

 

10.衣装

歴代一番好きな衣装は2D.2D.で着てたピンクと紺のベロア素材の衣装なんですけど(ワイドパンツがかわいい)、スノマニで着てたデニム衣装とバケハもかわいくて好きでした。あとヤムヤムMVの派手な柄のパンツ。あのパンツ履きこなせる人なかなかいないと思う。さすがモデル。

 

11.夢ノート

主演ドラマがやりたいっていうのも夢ノートに書いていたそうで。無事にやり遂げてくれて感謝しています。やりたくても叶わない人っていっぱいいて、その夢を叶えられてなおかつやり遂げられたっていうことだけでもう感無量です。

今の夢ノートに何が書いてあるのかはわかりませんが。次々に叶えていく目黒くんの姿をいつまでも見守っていたいなあという気持ちしかありません。書かれている内容もどんどん増えていってるみたいだし、これからもいろんなジャンルで活躍していく目黒くんを応援していきたいです。

 

12.めめ日

ジャニーズweb内で更新されているSnowManのブログ的存在「すの日常」。昨年10月より自由更新となりました。目黒くんのページは通称「めめ日」と呼ばれています。自由更新になったら全然更新されなくなっちゃうんじゃないかと思ってたんですけどそんなことなかった。むしろ超ハイペースで更新されてる。ツアー初日の公演中に予約投稿してくれた時はびっくりしました。そこまで配慮できる人なかなかいなくないですか?

自由更新がはじまってからめめ日貯金をはじめまして。いろいろルールを決めつつも大雑把に貯めています。昨年10月から今日までに32回更新されていて10,400円貯まりました。使い道はまだ考えてないんですけど、CDやグッズ購入、ツアー遠征の足しにできればいいかなと思っています。

 

13.サイン

今年も安定の目黒蓮でした。ありがとうございます。この先もずっと貫き通してほしいなあ。

 

14.鯖落ち

目黒くんだけに限らず、SnowManとしてもめちゃくちゃサーバーが落ちます。ツアーの当落確認があんなに繋がらないのは初めての経験でした。すごいとか通り越して怖い。最近だとデビュー2周年記念日の21時にすの日同時更新してサーバー落ちた。ちなみに発案者は目黒くん。あの後数日間安定しなかったのは単にサーバーが弱いだけなのか…。事務所くんネット全般の虚弱体質どうにかして。

 

15.歌舞伎

これねえ、本当ならば書かせていただきたいところなんですけど、実は昨年確保していたチケットがちょうど中止期間とぶつかってしまいまして…。配信も観ることができず、2021は浴びることができなかったんですよね。果たして2022のチケットは取れるのか…!?

 

16.女装

今年女装した!?してないよね!?宝の持ち腐れじゃん!?25歳の目黒くんは絶対絶対女装してください!!!!!!!!!頼むよ!!!!!!!!!目黒くんの女装で救われる命があります!!!!!!!!!よろしくお願いします!!!!!!!!!

 

17.ザリガニ

ザリガニさあ、ついにアイコンの頭の上に乗っちゃったよね。目黒蓮=ザリガニが世間に定着しすぎてしまった。ピザーラさん早くエビマヨのCMに目黒くんを起用してください。ザリガニもエビも生物学上は同じ分類だしね。

 

18.色気

よくわかんないけどカウコンの国民投票?なるものでセクシー部門第一位に選ばれました。年々増していく目黒くんの色気。オタクの命がいくつあっても足らんがな。余談なんですけど、色気増し増しのキメ顔写真よりも普段のぽーっとしてる時の方が色っぽく見えるの私だけですかね!?

 

19.髪型

なんか急にブリーチ2回したんだが!?色素薄い系目黒くんになったんだが!?先日のめめ日テロで無事死にました。明るい髪色似合わなくないよ!なんだって似合うよ!経験上役づくりの時に髪型を変えることがわかってきたので情報解禁が楽しみです。

24歳も役づくりのために短髪になりましたよね。目黒くんといえばテクノカットのイメージが強かったけど、最近は短髪でいる期間も長いので慣れてきました。ただ、おそ松さんの髪型で出て来られるとまじで見分けがつかん。今までどれだけ髪型で見分けてたかを痛感した。

(そろそろ世間が目黒蓮を認識してくれてると思うんですけど、髪型を変えるつもりはあるんでしょうか…。どんな髪型にしても絶対に似合ってしまうので心配はしてないです。)

 

20.ファン想い

私、目黒くんの「強要はしないけど俺はこう思ってるよ」っていうスタンスめちゃくちゃ好きなんですよね。自分の気持ちをきちんと伝えてくれるところ、本当に大好き。そして誰よりもなによりもオタクの健康と長生きを祈ってくれます。そんなアイドル今まで見たことある!?自分の死ぬほど不摂生な生活正そうと思っちゃうもんね。多分直らないんですけど。目黒くんのためというよりは自分のためにも今後も現場に通い続けられるように最低限の健康は守り抜きたいと思っています。

私は一応医療従事者に分類される職業の人間なんですけど、状況が悪くなった時もよくなった時も、一番心を寄せてくれていたのは目黒くんだったなあって思います。オタクの贔屓目なのかもしれないけど。しんどくなった時とかよくめめ日を読み返していました。「綺麗事に聞こえるかも」って言ってたけどちゃんと伝わってるよ。目黒くんの言葉に支えられていたからこそ、年末にツアーで会えた時の喜びはひとしおでした。いつもありがとう。

 

21.メガネ

言おう言おうと思ってるうちに一年以上経っちゃったけどプライベート用の度入りメガネ作ったよね?最近かけてるところ見ないけどあの黒縁メガネちょっと頭良さそうに見えてかわいい。確かにめちゃくちゃ目悪そうだな〜ってカンペ読んだりVTR見たりする時に顔を顰めてるのを見て思ってました。普段は裸眼っぽいけど。モデル業でもよく眼鏡かけてるけど似合うよね。丸レンズのメガネが似合うのなんて地球上に目黒くんとふっかさんしかいないよ(サマパラ2018の金縁丸メガネふっかさん大好き芸人)(多分初出し情報)

 

22.ミルクティー

目黒くんがまだJr.として芽が出ていなかった頃、帰りの電車で飲んでいたミルクティー。いまだに目黒くんがミルクティーを飲んでいると当時のことを想像して胸がぎゅっとなります。その頃はまだファンではなかったけどインタビューとか読んでてもしんどくなるもん、本人はもっとしんどかったでしょうね…。私にとってミルクティーは目黒くんの努力の象徴に思えています。

 

23.YouTube

過去のYouTubeとか見てると目黒くんめちゃくちゃ喋れるようになったなあと思います。単純に仲良くなったからっていうのが一番の要因な気がするけど。この一年で好きだった回を内容が面白いとかではなくこの目黒くんよかったなって思ったものをオタクの独断と偏見で挙げていきます。

虹のふもとのメルヘン目黒くんパワータイプすぎる。関係ないけどだてあべ超好きなんすよね…。

 

めちゃくちゃひーめめ!

 

単純に変顔がかわいい。みんなかわいい。

 

24.紅白歌合戦

ついにSnowManとして紅白歌合戦初出場を果たしました。一年越しの紅白出場、本当におめでとうございました。2013年の紅白を裏方で支えていた男の子が、8年越しの夢を叶えてメインで紅白に出場したんだなって思ったらさすがに泣いちゃった。今まで見たどの瞬間よりも輝いていて、めちゃくちゃ格好良かったです。

 

25.目黒蓮

目黒蓮目黒蓮であること。やっぱりこれは変わりません。知れば知るほど唯一無二の存在だなあと思わされるし、これ以上の人はこの世界に存在しないんじゃないかと思っています。ガチです。

この一年は目黒くんにとってめちゃくちゃ飛躍の一年だったような気がしています。お茶の間のいろんな人がSnowManの名前と共に目黒蓮という名前を覚えてくれたんじゃないかなあと思います。去年の誕生日記事でイマジナリー人気とか言ってごめんね。本当に人気でした(それはそう)

それに加えて、いろいろな場で先輩たちから褒めていただけることが増えて、特にJr.時代にお世話になっていた方々からいただくたくさんの褒め言葉は格別でした。カウコンでの亀梨先輩との絡みとかもめちゃくちゃうれしかった。偉大な先輩方と同じ土俵で戦えるようになったことが本当に誇らしいです。

でもそれと同時に、働きすぎなんじゃないかなって思うことも正直ありました。2021年もツアーとドラマの撮影期間が被って、2020年以上にハードスケジュールだったと思うのですが。普段あまり弱いところを見せない目黒くんがかなりギリギリの状態でステージに立っていたようなので相当だったんじゃないかとか思っちゃうわけですよ。本人は「忙しくなることが目標だったから大丈夫」と言っていましたが…。私たちファンも目黒くんが私たちに「健康でいてね」って言ってくれるのと同じくらい、目黒くんに健康でいてほしいと思ってるので無理はしすぎないでほしい…。

 

出会ってくれてありがとう。

アイドルでいてくれてありがとう。

幸せにしてくれてありがとう。

25歳の一年も今まで以上に幸せで、たくさんの出会いと挑戦に溢れた一年でありますように。

 

f:id:hiki_warai:20220216104620j:image

(箱から出す時にちょっと崩れたのは秘密)

2021年

今年ももうこんな時期が来てしまいましたね。普段通り働いているだけなので年末感がなさすぎるのですが、自軍の一年越しの紅白初出場を見届けたら急に実感が湧いてきました。あとはカウコンと共に年を越すだけ。

今年の現場としては

6月 正門良規主演 『染、色』

10月 藤井流星主演 『ハロルドとモード

12月 神山智洋主演 『LUNGS』

Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』

という感じでした。本当に久しぶりの現場だったので感無量というか、やっぱりエンターテイメントは生で浴びてこそだなと強く感じた一年でもありました。なかでもSnowManのツアーはデビュー後初の有観客コンサートで、個人的にも2年以上振りのSnowManということもあり喜びもひとしおでした。

本当はもっといろんな公演のチケットが取れていたのですが、ご時世柄泣く泣く諦めた作品も多々ありました。でも、そのせいなのか下半期自名義が爆発的に活躍してくれて引くレベルだった。来年の運残ってるかなあ。

今年もメインはSnowManのオタクをしつつ、心が折れた時にはジャニーズWESTやAぇ! groupに支えられてここまで過ごしてまいりました。それでもダメな時はもう一旦ジャニーズから離れてひたすら映画鑑賞しながらセルフネイルをしていました。そのせいでこの一年で映画113本観たりドラマも山ほど観て、某ゲーム実況者にドハマりしてスパチャを投げまくったりもしました。自ジャンルがしんどくなっちゃった時用の逃げ道の作り方を学べたのは大きな収穫だったなあと思います。

 

 

せっかくなので今年ハマったものについて語ろうと思います。

リア突WEST

ジャニーズWESTのメンバーが2人1組で日本全国に数多く存在する理解不能な人や場所といった「謎案件」に体当たり取材する番組。文字通り体張りまくってます。2020年から関西ローカルで放送していましたが、2021年秋についに全国ネットへ進出しました。元々深夜帯で好き勝手やっていた番組なので日曜昼にお引っ越しするとハチャメチャ度が下がってしまうのでは!?と心配していた時期もありましたが杞憂でした。今でもハチャメチャです。毎回ゲストというか突撃相手のクセが強すぎてやばいんですよね。個人的に何回も見るほど好きだったのははましげ呪い代行回、ブラックナース回、きりこたバードマン回、ツインタワーお化け屋敷回、サンバ回かなあ(内容関係なくはまこた回は何度も見ます)。はまかみ古墳回はロケ地が地元だったので聖地巡礼もしました。あとこの番組といえばギャガー小瀧の一発ギャグなんですけど、やっぱり伝説のギャグ「野草花火」は何回見ても死ぬほど笑ってしまいます。最高。今までは「ジャニーズWEST気になる!」って言ってくれた人にはすかさずParavi版のパパジャニWESTを勧めていたのですが、最近はこっちを勧めることも多いです。なんたって全国ネットだしサクッと見れちゃうしね。

 

WESTん家

ジャニーズWESTのファンクラブ内で見られる動画。月一回ペースの更新で、毎回メンバーの誰かがやりたいことをやってみる企画。始動したのは2020年からですが、めちゃくちゃ面白くて定期的に見返しています。正直これだけでファンクラブ会費の元取れてると思う。 WESTん家というだけあってメンバー全員お揃いの部屋着という名のTシャツ(小瀧画伯が描いた中間淳太さんの似顔絵がデザインされた白いTシャツ)(7thアルバム『rainboW』の特典にもなりました)とジャージを作成したり、各自がデザインしたスニーカーをシャッフルして履いていたりしています。この辺の様子も全部WESTん家の動画内で見られるのが素晴らしいところ。特に私が好きなのが気配斬り回と最近アップされただるまさんが転んだ回。初見でも死ぬほど笑ったし後から見返しても笑える。内容知ってても笑えるってすごくない?「ジャニーズWEST気になる!」って言ってくれた人にはこちらも勧めていますが、ファンクラブに入会してもらわないといけないのでハードルは高いです。軽い気持ちでファンクラブ会員になっちゃえばいいよ。ね?(ちなみにこの間ひとり引きずり込みました)

 

THE GREATEST SHOW-NEN

2020年から関西ローカルで放送されているAぇ! groupのレギュラー番組。舞台や映画を手掛ける一流の演出家さんや脚本家さんとコラボして、たった一度の本番上演に向けて短期間でひとつの作品を作り上げる様子を追った番組です。通称グレショー。舞台本番の様子をメインで流しつつ、そのシーンを稽古場でどう作り上げたのかという裏側まで放送してくれるのでめちゃくちゃありがたいんですよね。今年からTVerなどでも配信されるようになり、やっと関東在住の私も見られるようになりました。元々観劇が趣味の私からするといろんな役を演じるAぇ! groupのメンバーが見られるこの番組は天才としか言えなくて、毎週楽しみにしています。最近純粋にすげー!ってなったのは第9回公演『霊霊(たまたま)』での正門くんのお芝居。あれ生で観てたら死んでた気がする。いつも思うけど一回しか上演しないの本当にもったいないから人気作品だけでも長期上演しませんか?

 

Aぇ! groupのMBSヤングタウン

今年10月からはじまったAぇ! groupが毎週2人ずつ交代でパーソナリティーを務める生放送のラジオ番組。通称Aぇヤンタン。以前放送されていた伝説のラジオ番組が復活したということでその頃聴いていたおじさんリスナー(通称おじリス)たちから悲哀溢れるメールが届いたりして、世代を超えて盛り上がれる番組です。Aぇ! groupといえばコンビ名が複雑で有名だと思うんですが(例:草マカロン良規、ビバちぇ)、毎回組み合わせによって全然違う雰囲気のラジオになるのがまた面白いんですよね。ラジオブース内で生卵ぶちまけたり、パンツ一丁になったり、どうぶつうんちねんどで遊んでみたり…。本当にアイドルか?と疑いたくなることも多々あります。自担が末澤くんということもあり必然的に末澤くんが関わっているコンビが好きな傾向があるので個人的にはせーちゃんけんちゃん、さのすえあたりが好きなんですけど。毎週いろんな組み合わせを聴いているうちにまさまさ(正門くんとまさやちゃん)の空気感が好きだということに気づいてしまいめちゃくちゃ拗らせています。しかも最近まさやちゃんがいるとアカペラでJ-POP歌ってくれたりしちゃうから余計に拗らせちゃうんだ…。10個近く歳下の男の子に感情をめちゃくちゃにされている…。

 

消えた初恋

やっぱこれでしょ〜!!!!!!!!!

SnowMan目黒蓮くんとなにわ男子の道枝駿佑くんがW主演を務めたドラマ『消えた初恋』。毎週の生きる楽しみでした。これから何を楽しみに生きていけばいいのか…。放送開始前に原作の冒頭だけ読んでいたのですが、実際にドラマがはじまってみると「これはドラマが終わるまで読まない方がいいんじゃないか…?」と思い、原作を封印して新鮮な気持ちでリアタイ鑑賞に臨みました。毎回「きゅんきゅんする!」とかそういうかわいらしい感じではなく、致死レベルの動悸と息切れと手汗が止まりませんでした。最終回とか地震が来たかと思うくらいの揺れを感じて、何かと思ったら自分自身がめちゃくちゃ震えてて恐怖を感じました。物理的な理由で死ぬかと思った。内容に関しては私なんかが井田と青木のつつましやかな関係について語るのは恐れ多すぎるので控えさせていただきますが、まだ観ていない方がいらっしゃいましたらどうかあたたかい目で見守ってあげてください。心臓の弱い方はご注意を。私は満を持して原作を読ませていただきたいと思います(敬礼)

 

そして、これは今年に限ったことではないのですが、今年急に表面化してきたのでここで語らせてください。

ひーめめ

一般的には「いわめめ」「ニキめめ」「ニキとめめ」と呼ばれるSnowManの岩本照、目黒蓮のコンビ名。私は一般的な呼び方が定着する前から「ひーめめ」と呼んでいたため矯正ができずいまだにこの呼び方をしています。以前からこのふたりの絡み自体は多いとは言えないもののありました。代表的なのがRIDE ON TIMEやジャニーズJr.チャンネル時代のMr.お化け屋敷回。これまで供給されるものは少なくても、その出涸らしや霞を食ってここまで生き長らえてきました。それがどうしたものか、2021年は年が明けた瞬間からひーめめの嵐でした。新年早々戦慄したことを今も鮮明に覚えています。そこから上半期こそそこまで目立った絡みはなかったものの、下半期に革命が起こります。『Snow Mania S1』の特典映像にはじまり、シブヤノオト、Snowらいふの香水企画、『Secret Touch』の特典映像、先日のCDTVの写真…。細かいものも足したら膨大な量になっちゃいそうなので割愛させていただきますが、ツアーレポでも大量のひーめめを摂取させていただきました。元々の供給が少なかったのでいまだに全く耐性がついていないのですが…。ひーめめもっと増えろ!嘘です今くらいの提供体制じゃないと過剰摂取で死ぬので小出しでいいです。だからって供給なくなったら干からびて死んじゃうので、2022年も適度に与えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

この他に、今年の12月に突然はじまったYouTubeチャンネル「Johnny's Gaming Room」にもまんまとハマっています。元々ゲーム実況というジャンルがめちゃくちゃ好きなのですが、私以上に楽しんでる人他にいる!?ってくらい楽しませていただいています。気になるメンバーの発表は2022年1月1日です!

 

今年は健康診断に引っかかったり、腱鞘炎になったり、ぎっくり腰を再発させたり、健康でいることの難しさを痛感しまくりました。目黒くんがよく「健康で長生きしてください」と言ってくれるので、長生きできるかはわかりませんができる限り健康でいたいと思っています。あんなにファンの健康と長生きを祈ってくれるアイドル他にいないもん。現時点でめちゃくちゃ不健康だから日常生活から見直さないといけないんだろうけど…。

2021年も大変お世話になりました。今年はブログの更新がままならなかったので、来年はもう少し更新できたらいいなと思っています。それではよいお年を!

連ドラ主演とその他所感

お久しぶりです。全然更新してない間にはてブの仕様が変わってる。

気づけばジャニオタ出戻り3年目に突入し、目黒担としても3年目に突入しました。ハチャメチャ理不尽な理由で涙を飲まざるを得ない状況に陥って(察して)しばらく自担と向き合えない時期もありましたが、やっぱりこういうものは時間が解決してくれますね。今は超絶デレ期です。


そんな自担である目黒くんが主演を務める連続ドラマがはじまります。タイトルは『消えた初恋』

2021年10月9日より毎週土曜日23時30分〜テレビ朝日系列にてスタートです。

11月にデビューを控えたなにわ男子の道枝駿佑くんとのW主演となります。主題歌もSnowManとなにわ男子のW主題歌。めちゃくちゃうれしい。このドラマの放送枠で前クールに放送されていた『ザ・ハイスクールヒーローズ』も気づけば毎週めちゃくちゃ楽しく観ていたので、こちらの作品もとても期待が大きいです。

発表される少し前から若干髪が短くなったのがずっと気になっていて、役づくりかなあと思っていたのですが。発表された時は「やっぱり!」とうれしくなりました。『教場Ⅱ』以来久しぶりのドラマなのですっごく楽しみです。

この作品は少女マンガが原作で、冒頭部分だけちょこっと読ませていただいたのですがこれを目黒くんが演じるのかと思うと楽しみで仕方ありません。青春ドラマということもあり番宣用にTikTokを活用するなど若い子向けのコンテンツが多くてアラサーオタクには若干ハードルが高かったりもするのですが、かわいい自担の姿が見られるのであれば…!と日々模索しながら頑張っています。番宣も兼ねてたくさんのバラエティー番組に出演したり雑誌に載ったりと正直追いきれないくらいなのですが、こんなにうれしいことって他にないですよね。かなり忙しそうなのでいくらタフだとはいえ心配になってしまいますが…。今週末からツアーもはじまるし、ますますハードスケジュールになりそう。目黒くんもよくファンに対して同じこと言ってくれてるけど、いっぱい食べていっぱい寝て健康でいてほしいです。

 

先週SnowMan初のフルアルバムとなる『Snow Mania S1』が発売されましたね。想像以上に爆売れしていてビビり散らかしています。令和最高売上ってなんなの。この間改めて『D.D.』をしっかり聴いたところ「頂上(てっぺん)見せてあげよう」がぶっ刺さりすぎて泣きました。デビュー当初はまさかこんなことになるとは微塵も思っていなかったので、これはひょっとすると本当にてっぺん獲れちゃうのかもしれないなあって思ったらいろんな気持ちが込み上げてきました。今後どうなっていくのか全然検討がつかないけど、これから先もずっと好きでいつづけられたらいいなって思っています。こればっかりはどうなるか自分でもわからないけど。オタク心と秋の空。

 

最後にアルバムのダイレクトマーケティングとして、目黒くんのやさしい歌声代表曲として新しく追加されたこの曲を置いておきますね。

 

 

10/8 追記

SnowMan LIVE TOUR 2021 Mania 初日初回公演にて『Secret Touch』の発売日が2021年12月1日に決定したことが発表されました!ツアー最終日まで何事もなく最後まで駆け抜けられるよう祈っております!

ジャニーズWESTの応援歌

ジャニーズWESTへの感情が再熱して一年。他の記事でも度々話題にしてきましたが、先日発売された7枚目のアルバム『rainboW』とYouTubeに上げられた『サムシング・ニュー』、『僕らの理由』を聴いてこの一年間私を支え続けてくれていたのは間違いなくジャニーズWESTだったと改めて感じたのでまとめておこうと思います。

 

ジャニーズWESTに向ける熱量が本格的に再熱したのは去年の4月頃だと思うんですけど。重い腰を上げてFCに入会したのは一昨年の年末。Mステスーパーライブでツアーが発表されて「今度こそコンサートに行きたい!!!!」って思ってすぐに入会したような気がします。毎年新しいアルバムが発売されて「コンサートに行きたい!」ってなる頃には申し込み期間とっくに終わってるみたいなことが多発していたので…。結局チケット当たらなかったしコンサート自体がオンライン配信になってしまいましたが。

 

確定的になったのは去年6月のジャニーズWEST初のオールナイトニッポン『アンジョーヤリーナ』を聴いたことだったんだろうなって思っていて。この曲の噂はいろんなところから聞いていたのですが、シングルのカップリング曲ということもあってそれまでアルバムだけ買っていた私は聴いたことがなかったんですよね。ラジオの企画で神ちゃんが背中を押してくれるエールソングとしてこの曲をプレゼンしていて。他のメンバーもそれぞれ自分で考えてきた曲をプレゼンしていたのですが、淳太くんの『バィバィduバィ〜See you again〜』と競って『アンジョーヤリーナ』が流れたんですよね。今考えるとこの2曲で競う意味がわからん(笑)

それまで応援ソングは夢を持った人の背中を押すための曲だと勝手に思っていたんですよね。だからただ夢もなく日々を生きているだけの自分は一般的な応援ソングで応援されているような対象ではないと思い込んでいたし、実際に他の応援ソングを聴いても心のどこかで「私には関係ないから」と思っていました。

でも『アンジョーヤリーナ』を聴いて「この曲は私の人生もちゃんと肯定してくれている」と感じられたんですよね。めちゃくちゃ鳥肌が立ったのを覚えています。タイトルだけ聞くといつものトンチキソングか?みたいな気持ちになるのですが(実のところ私も最初はそう思ってた)、関西弁の「あんじょうやりぃな(上手くやりなさい的な意味)から来ている真っ直ぐな歌詞の応援ソング。あまりにも感銘を受けすぎてラジオの真っ最中にこの曲が収録されている『アメノチハレ』のCDをAmazonでポチりました。届いてからも『アンジョーヤリーナ』だけずっとリピートして聴いてたな。大袈裟かもしれないけどこの曲と出会えたことは私の人生においてめちゃくちゃ大きな出来事だったし、私の人生のテーマソングだと思っています。

そしてこの『アンジョーヤリーナ』、去年12月に開催された生配信コンサート『Wtrouble』内で生バンド演奏をバックに歌いまして。コンサートでは初披露だったのですが、スタンドマイクを使って届けようという一心で歌う姿はキラキラ輝いていました。アイドルって本当にすごい職業だなってつくづく思わされます。

 

『ホメチギリスト』から応援ソングに特化してリリースし続けてきたジャニーズWESTですが、最近のインタビューでメンバーが口々に「『証拠』をきっかけに風向きが変わってきた」という話をしていて。私自身、ジャニオタではない友人や同僚から「ジャニーズWESTいいね」と言われるようになったのは『証拠』がきっかけだったと肌で感じています。

個人的に『証拠』は普段聴くには荷が重すぎちゃうなって思うんですけど。めちゃくちゃ頑張ってる時に聴くと沁みわたる曲ってイメージ。

仕事で理不尽な残業を押しつけられた日なんかは退勤後に『ホメチギリスト』を延々とリピートしながら帰ります。だってジャニーズWESTしか頑張った私のこと褒めてくれないんだもん。

そして5月に発売を控えるニューシングルのカップリングとして収録されているSUPER BEAVER柳沢さん作詞作曲の『僕らの理由』。この曲も全肯定ソングとなっております。ジャニーズWESTがここまで全肯定してくれるなら人生捨てたもんじゃないなって思わせてくれる。まあ他の曲でも「人生は素晴らしい〜」って歌ってくれてますしね。背中を押してくれる存在がいてくれることに感謝しかないです。

元気があればWESTの全肯定ソングまとめとかトンチキソングまとめとか書きたいなって思っているので応援してください。予定は未定です。

 

ということで!

ジャニーズWEST

デビュー7周年おめでとうございます

あのカウコンでの発表から紆余曲折あって7人になりデビューして7年。私が知っているのは7年のうちの最初と真ん中らへんと今だけっていう虫食い状態なんですが、今が一番大好きです。

私がジャニオタに出戻って今日でちょうど2年なので勝手に運命を感じつつ。今日の虹会を観ながら、そういえば2年前の今日は滝沢歌舞伎ZEROを観た帰りの電車でWESTの5周年記念イベントのレポが流れてきたのを読んだりしたなあと思い出したりもしていました。懐かしい…。

これまでも今もこれからも(神ちゃんの受け売り)ジャニーズWESTが大好きです。ずっと横並び一列で一緒に歩いて行けたらいいな。これからもよろしくお願いします。

f:id:hiki_warai:20210424001129j:image

トンチキソングと私

私が愛してやまないもの。そう。

トンチキソング

最近で言えばジャニーズWEST『DOKODA』はヘビメタ×トンチキの最強タッグで素晴らしい仕上がりとなっております(濵田さん曰くこの曲は「保険」らしい)。是非聴いていただきたい。この曲が収録されている最新アルバム『rainboW』好評発売中!(宣伝)

 

 

このトンチキソング、中学生時代に関ジャニ∞を齧っていた頃はどちらかといえば苦手なタイプの曲でした。

では何故私がトンチキソングを好きになったのか。

話は高校時代まで遡ります。急にテニスの王子様にハマった私はマンガ読破、アニメ全話完走だけでは飽き足らず、キャラクターソングに手を出しはじめます。

テニプリといえば当時キャラソンの最先端を突っ走っていたコンテンツであり、キャラソンに初めてJ-POPを持ち込んだと言われる伝説のコンテンツです。そのジャンルの幅は広く、王道ラブソングからロック、メタル、昭和歌謡のカバー、演歌、民謡など多岐に渡ります。もちろんトンチキソングもあります。延々と円周率を言い続ける曲(これはジャニーズWESTにもある)、メガネを数える曲、ものもらい(めばちこ)について歌う曲…。ちなみに私は沖縄比嘉中出身なのでカチャーシーが踊れます(急な夢女設定)

ちなみにテニプリといえばミュージカルの楽曲も空耳などで有名になっていますが、トンチキっぷりでいえばキャラソンの方がやばい。テニミュの楽曲は耳に残るパワーワードが多い印象がありますが、何を伝えたいのかはパッション(それは不動峰中)で伝わってくるものがあるので…(テニミュ4thシーズンはスタイリッシュになっちゃいそうでちょっと寂しい)

テニプリによってキャラソンに取り憑かれてしまった私は、次なるキャラソンを求めてネットの海を彷徨いました。そこで出会ったのが乙女ゲーム界隈、そしてVitaminXでした。

VitaminX』のキャラソンも当時で考えたら相当攻めてたと思うんですよね。特に印象に残っているのは『放課後ジャーマンスープレックス』。乙女ゲームの攻略対象として女装したキャラクターが出てくること自体が目新しかったであろう時代に、そのかわいらしいキャラクターが恋愛をプロレスに例えたラブソングを歌うっていうシュールっぷり。高校の登下校時に延々と聴いてしまうほど中毒性がありました。そしてこの曲(を含む過半数以上の楽曲)の作詞を手掛けていたのが、企画、原案、ディレクションを担当する岩崎大介氏(通称「岩D」)だということを知ります。

私が『VitaminX』を知ったくらいのタイミングで岩崎氏はRejetという女性向けコンテンツ制作会社(またの名をアルミ(缶バッジ)工場)を立ち上げ、代表取締役に就任されたのですが、Rejet作品のほとんどの楽曲(キャラソン含む)の歌詞を岩崎氏が手掛けており、最近はあまり追えていないのですが現在500曲をゆうに超えているようです。岩崎氏が手がける詞の最大の特徴がルビ。漢字やひらがなの単語や文章の上に絶対そんなこと読まないだろ!っていうルビが振られまくっています。なんて読むのかクイズにされがち。卑猥な表現も結構あります(というかめちゃくちゃ多いのであだ名をもじって「ヒワD」と呼ばれていたりもします)

個人的にめちゃくちゃ印象に残っているのが『TOKYO ヤマノテ BOYS』のキャラクターが歌う『FUSHIDARA★HEAVEN』。まじでバビィ(これはこのキャラソンを歌うキャラクターが実際に使う言葉です)。ふざけているようで実はキャラクターの根っこにあるものをきちんと表現されている(多分)のがすごいところで、歌詞だけ読むとなんだこれ?ってなっても楽曲として聴くと意外と格好良いんですよね。正直まじで意味わかんない曲もあるけどそれも含めてエンターテイメント。もちろんちゃんとした歌詞も書けます。『剣が君』のキャラソンなどは割と真面目です。

Rejetのコンテンツの中にもアイドルをモチーフにしたものが多数存在しているのですが、そこでも岩崎氏が作詞を手掛けているので個人的にはいつかジャニーズにも提供してくれないかな…と思っています。果たしてその願いが叶う日はやってくるのか。乞うご期待!

 

「トンチキ」という言葉の出典元はジャニーズ文化だと言われていますが。実際にキャラソン厨をしていた頃はこういった楽曲のことを「トンチキソング」と呼ぶなんて知りませんでした。ベクトルはちょっと違うのかもしれませんが、今思えば相当なトンチキだったなって思います。

でもそんな数々のトンチキソングを浴び続けてきた私でさえ、関西ジャニーズJr.が誇る名曲『ハチャメチャ音頭』にはかなりの衝撃を受けました。あれは本当にすごい曲です。絶対に歌い継いでいってもらいたい。

 

……なんかめちゃくちゃ好き勝手書いてしまった。私が乙女ゲーム界隈にいたのは数年前までなので、現役乙女ゲーマー(というかRejetのファン)(“リジェクラ”っていう呼び方はもう死語ですか?)の皆さまから石を投げつけられないか心配です。ちなみに私が一番好きなRejetのコンテンツは『VANQUISH BROTHERS』です。ヴァンキチが2.5次元舞台化するのこれから先もずっと待ってる。好きなゲームは『Scared Rider Xechs』、そして一番狂わされた男は『ディア♡ヴォーカリスト』のモモチです。二次元離れしてしまったので最近の作品には触れられていないのですが、これでなんとなく私のガチ度が証明されたのではないでしょうか。

 

 

そんなこんなで(?)ジャニオタ出戻り2周年を迎えました。体感的にはめちゃくちゃ早かった。

ただこの一年間は現場もなく、オンラインで生配信のコンサートや舞台を観ることしかできなくてもどかしかったなっていう気持ちは少なからずあります。やっぱりパフォーマンスやお芝居は生で浴びてこそなので。

エンターテイメントが少しずつ再開されはじめていますが、私含め職業柄現場に行くこと自体が難しい人もまだたくさんいると思うので今後も配信は続けていってほしいです。最前線で戦ってる人間が一番癒しを求めてるのに、その人たちが自担に会いに行けない現状が一番矛盾してるなって思ってしまうので…。会える機会があるのに申し込むことすらできないのってめちゃくちゃ切なくて悲しいんですよ。積極的にSmile Up! Projectとかやってくれてるからこそお願いしたい。せめて配信だけでもしてもらえたらもう少し頑張れるので…。あと休みを取りたいのでできれば配信の日程早く出してください…。

 

 

ジャニーズ全然関係ない内容からはじまって情緒がハチャメチャなブログになってしまいましたが、3年目も情緒ハチャメチャで生きていきたいと思います。

それでは皆さんご唱和ください。

ハチャメチャ音頭ワッシャラホーイ!!(どんな歌詞やねん)

(こんなにも『ハチャメチャ音頭』に言及するブログが他にあっただろうか)

 

 

最後にこの動画を見てくれ!!!!!!!

(やばい動画ではありません)(目黒くんの初単独CMです)

2021/2/16

本日2月16日はSnowMan 目黒蓮くんの24歳のお誕生日です。

おめでとうございます。自担の誕生日って自分が祝われるよりも嬉しいよね。なんなんだろうこの多幸感。

今回は誕生日記念ということで、一度やってみたかった自担の好きなところを挙げていく企画目黒くんの年齢である24個分書き綴っていきたいと思います。先に言っておきますがこちらの記事は10000字以上の超大作となっております。言うなればオタク10000字インタビューです。どこに需要があるのかわかりませんが(というか需要ないと思いますが)頑張って書いたので、もし「読んでやるよ!」っていう優しい方がいらっしゃいましたら下へスクロールお願いします。ではスタート!

 

 

1.顔

やっぱり最初はこれでは?2020年下半期国宝級イケメンランキング7位。この顔が嫌いな女世界中どこ探してもいないと思う。これだけ顔が整っているのに普段は自分の外見に無頓着なの、ほんとに推せますよね。自分でも「この世界に入ってなかったら無法地帯になってたかも」って言ってたのはさすがに笑いました。左眉頭が特徴的でかわいい。冬場によく見られる室内の熱気でだんだんと頬が紅潮していく目黒くんがめちゃくちゃ好きです。あと唇の色が好き。

ここまで褒めちぎっていますが、実は目黒くんの顔は好みのタイプではありません。めちゃくちゃ格好良いとは思ってるけど私の好みのタイプは超塩顔なので(芸能人だとダントツでCreepyNutsのDJ松永さんの顔が好きです)。最近「SnowManの目黒くんが好きで……」と言うと「顔がいいもんね〜」って返されるのがちょっとだけ不本意だったりします。顔がいいのは認めるけどそれだけじゃないもん!顔以外も格好良いもん!

 

2.スタイル

185cmの長身でスタイル抜群な『FINEBOYS』レギュラーモデル様。このモデル業、私個人としてはめちゃくちゃ思い入れが強いのですが、今の彼自身は以前とは考え方が変わってきているようです。先日除脱毛ブランド「Veet MEN」のイメージキャラクターに就任しました。おめでとうございます。最近は筋トレにも力を入れていてジム通いもしています。鎖骨がめちゃくちゃ綺麗。インタビューで一時期ネット上で話題になっていた目黒くんの鎖骨の家賃の話してて笑いました。いくら払えば住まわせてくれるんだろう。

 

3.性格

負けず嫌いの努力家で、絶対に曲げない芯の強さがある。私が目黒くんを好きになった最大の理由がここにあります。だって根性エグくない?有吉ゼミ』での激辛チャレンジとか『アイ・アム・冒険少年』での脱出島とか9時間生放送の御百度参りとか。黙々と戦っている感じがすごーーーーく好きでした。ああいう一瞬一瞬に好きがいっぱい詰まってる。最高。

嬉しいとちゃんと口に出して喜んでくれるところ、逆に嫌なことをちゃんと「嫌」って言えたり良くも悪くも表情や態度に出しがちなところもすごく好き(弁えなくちゃいけないところでは弁えられてるところもポイント)。最初の頃はYouTubeとか見ててもあんまり感情が表情に乗らない子なのかなって思ってたけど全然そんなことなかった。喜怒哀楽ちゃんと表現してくれます。膝から崩れ落ちて笑っちゃうところ、めちゃくちゃ好きなんですよね。いい意味で嘘がなくてすごいなって思います。

その上とっっっっても優しい。メンバーから「落ち込んでた時に目黒が声をかけてくれて〜」っていうエピソードがじゃんじゃん出てきます。本当にすごいですよね。ものの見方とか価値観も好き。褒められた時にガチ照れ(ここポイント)しながらも謙遜しないでちゃんと「ありがとうございます」って言えるところも好きです。

……好きしか言ってなくない!?(急に冷静になった)

 

4.声

低めのトーンで脳に直接響いてくる感じの声。ウィスパーボイスっぽくてちょっと滑舌甘めな喋り方をするのがツボ。考えながら喋ってる時に出る「あー」とか「えー」もかわいくて好き。目黒くんにとって初めてのラジオ生出演となった『らじらー!』めめなべ回は伝説に残るくらいかわいかったです(先日の『素のまんま』めめなべ回はとても尊い気持ちになりました)。あの頃は私もラジオ越しの目黒くんの声に慣れてなくて脳がドロドロに溶けていく感じがしていました。今は目黒くんもラジオで話をすることに慣れてきたようで、私自身も目黒くんの声に慣れてきたところがあるのですが、それでも溶けてる〜って感じる瞬間があります。怖い

 

5.歌

上手い。バラードで高めのキーを歌っている時の優しい声が大好きです。いつも例として挙げるのが横アリ単独コンサートで歌った『ファイトソング』の「今は悩むこともあるでしょう」なんですけど、最近だと『Black Gold』の「信じるこの願い」と『EVERYTHING IS EVERYTHING』の「君は僕の全て」と「Give me one more chance」がめちゃくちゃ優しくて刺さりました。包容力のある歌声してません?『ナミダの海を越えて行け』の「帰り道の暗闇 遠くで誰か笑ってる」も好き。個人的にパフォーマンス云々を抜きにしても演じるように歌う人だなあという印象が強いです。『EVERYTHING IS EVERYTHING』のレコーディング映像とかまさにそんな感じなので是非注目して見てみてください。

ラジオや番組で歌っていた『I LOVE YOU』とかふとした瞬間に口ずさんでいた『ファイト!』とか、昭和歌謡系もすごく似合うのでゆくゆくは音楽番組の企画とかで披露してもらえたらいいなあという密かな期待もありつつ。カバーアルバムとかも出せたらいいのになって思ってしまいます。あくまでオタクの願望ですが。

てゆうか2021年の目標が「作曲の勉強」ってガチなの?急にそれだけ発表されて詳細を教えてもらえていないのですが…。ステイホーム期間中にギターをはじめたらしいということだけは情報として入ってきてるんですけど、そこを伸ばしていく感じになるんでしょうか…。いつか作曲極めたら自分で作った曲歌うのかなあ。将来が楽しみすぎる。

 

6.パフォーマンス

ダンスについてはド素人なのでとやかく言えた立場ではないのですが、遅取り気味だなあという印象があります。『Grandeur』はテンポが速くて手数も多い分それほどズレて見えないんですけど(テーマ「シンクロ」だし)、遅取りだからこそ後ろに余韻が残る感じがあっていいんですよね。YouTubeに上がってる倍速『Stories』はめちゃくちゃ揃ってる。すごい。

個人的には背が高くて脚が長いのに周りと同じくらい、場合によっては周りよりも腰を落として踊れるところがすごく好きです。あれも努力の賜物だと思うんですよね。五関さんも褒めてくれていたのですごいことなんだと思います。

あとカメラ目線がさあ……。カメラ越しにこちらを見ている感がすごくない?不意に目が合って、いい感じのところで逸らされる。物足りなくてもっと見ちゃう。で、また良きタイミングで目が合う。これの繰り返し。ズブズブになります。『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』内でパフォーマンスされている『Crazy F-R-E-S-H Beat』で目黒くんを定点してると不意に目が合って「あっ……」てなるみたいな箇所があるんですけど。伝わる!?!?!?!?私は目黒くんが気づいてないと思って見つめてるんだけど、実はとっくに気づいてた目黒くんがわざと下から視線を合わせてくる感じって言えばいいのかな…。しかもちょっとおどけた感じの表情してるの…。伝わってほしい…。あれはかなりずるいなあと思うしオタクの心の内を読まれているなあと思います。伝われ。

 

7.お芝居

私が目黒くんを好きになったきっかけ。初めて観たのは『滝沢歌舞伎ZERO』で演じていた半兵衛で、当時目黒くんのことは全く知らなかったんですがお芝居が上手かったなっていう印象は本当に強く残っています(この内容は何度も書いていますが今後もくり返し書きまくると思います)

その後放送された『「簡単なお仕事です。」に応募してみた』は翌日が早朝勤務だろうと夜勤中だろうと(コラ)毎週欠かさずリアルタイムで観ていました。でもそれは目黒くんのお芝居云々というよりも内容が面白くて観てたという方が強くて、その中で「今のお芝居よかったな」とかそれくらいにしか思っていなかったような気がします。10話の自白シーンめちゃくちゃ上手いよね。

私がこんなにも「目黒くんのお芝居が見たい!!!!」と騒ぐようになったきっかけって、実は『ドッキリGP』でのいけにえ村なんですよね。自分が捕まるシーンへの熱量と入念なリハーサル、捕まって泣いているシーンでのガチ感のある表情を見て、この人はなんてお芝居が上手いんだろう、と初めて目黒くんのお芝居を生で観た時の感覚が蘇ってきて。これはもっといろんな役を演じている姿が見てみたい!と思ったわけです。

そしてトレードマークのテクノカットをばっさり切って短髪になり、『教場II』への出演が発表されました。これについては別記事で思う存分語ったので(まだ語り足りないけど)割愛させていただきますが、先日放送された『RIDE ON TIME』の中で公開された撮影中のワンシーンでカットがかかっても役としての表情を崩さず真摯に取り組んでいたのがめちゃくちゃ刺さりました。雑誌のインタビューで木村さんの現場での立ち居振る舞いについて語っていた印象が強いので、そういう姿も木村さんから影響を受けているのかもしれないなあと思いました。杣くんの格好でいつもの雰囲気で笑ってるのもすごくグッときちゃったな。

昨年末くらいから『教場Ⅱ』出演に向けて単独で雑誌に載せてもらえる機会が増えたのですが。ちょうどデビュー一周年を迎えるタイミングということもあり将来の展望について聞かれることが多くて、そのなかで「お芝居を武器にしていきたい」と言ってくれていたのが私個人としてはめちゃくちゃ嬉しかったんですよね。「別の人の人生を生きられるのが醍醐味」「1ミリも目黒蓮を感じさせずに役として見てもらいたい」とも話していたのが印象的でした。今はもっと映像のお芝居をしてみたいそうなので貪欲に挑戦していってもらえたらいいなと思っています。

昨年宇宙Sixの主演舞台を観に行った時に、メンバー各々のお芝居がすごく上手くて「このグループの中にいたらお芝居上手くなるよなあ」と思ったんですよね。レベルが高すぎて自分も上手くならないと着いていけないというか。踏んでる場数も桁違いだし。彼のお芝居にはお兄さんたちから受けた愛情と、彼が「相方」と呼ぶ同期と共に切磋琢磨した証が刻まれているような気がしています。これから先も良き仲間でありライバルであってほしいなと勝手ながらに思っています。将来的に何らかの形でまた共演できますように。

できることなら過去に戻って『桃山ビート・トライブ』初演が観てえ!!!!(ちなみに再演は観に行きました)(再演のチケット取った時点ではジャニオタに出戻るとも思ってなかったし初演に目黒くんが出てたことすら知らなかった)(でも初演のキービジュアル見たことあったしなんなら興行元からチケット先行受付メールとかも来てた)

 

8.愛すべきおバカ

愛すべきガチのおバカさん。『ネプリーグ』参照。普段はどんなにおバカでも笑って「かわいいね〜」とか言えちゃうんですけど、あれはさすがの私もドン引きしちゃった(ごめんね)英語で月曜日を聞かれて「イエスタデイ」と答えたのは有名な話ですね。どうも私は掛け算九九が言えない男を好きになる傾向があるようです(例:目黒くん、濵田さん、小山さん)。でも生きていくために必要な知恵とか直感みたいなものは備わっているので多少おバカでも問題ない!多分!

そんな目黒くんですが、先日アップされたYouTubeで「え?頭良くない?」と思わせてくれたのでその勇姿を是非見ていただきたいです。新一万円札の顔が誰になるのかちゃんと把握してて感動しちゃった。天才だねえ(オタク特有のやつ)

 

9.ファッション

落ち着いた雰囲気の服装が多いような気がする。ファッションのお手本はV6の三宅健くんだそうです。言われてみると確かにそんな感じ。時々派手めな色(黄色とかサーモンピンクとか)の服を着ていますが、自分がブルーベースだということを自覚したようなので今後あんまり冒険した色は着なくなっちゃうのかも…。

『FINEBOYS』のモデルということもあり、読者が手を出しやすい価格帯で着まわしがしやすい服をチョイスすることが多いそうです。まじで着まわし上手いよね。しかも毎回全然違う雰囲気で着こなしているのが純粋にすごい。

そしてタートルネックがハチャメチャに似合う。タートルネック似合わない族の私からしたら羨ましすぎます。タートルネック目黒蓮」は冬の季語。衣装としても採用されがちです。『Grandeur』の衣装もタートルネックなんですけど、個人的にあの衣装は袖が好きなんですよね。ちなみに現時点で一番好きな衣装はデビューコンサートで初披露されたピンクと紺のやつ。普段は男らしい目黒くんがあの衣装を着ると途端にキュートな雰囲気になるところが好きです。ラウールと並ぶと色違いシンメっぽいのもかわいい。

 

10.有言実行

時々雑誌などで「これはさすがにビッグマウスすぎない?」と思う発言をしていたりするのですが、必ず成し遂げているのが彼のすごいところで。私も好きになってすぐの頃はあまり信じられなかったんですが、今は「有言実行の男が言ってるんだから絶対にそうなる!」と思えるようになりました。だって確固たる根拠があるんだもん。目黒くん自身も「何事も声に出した方が叶う」という自覚があるようです。たまに不言実行というかあえて教えてくれない時があるけどそれもまた一興。

 

11.夢ノート

彼がその当時絶対に不可能だと思いながらもノートに書き記した夢の内容はいつの間にか全て叶っていました。それもこれも彼の努力あってこそだと思っています。今は内容を更新した次のノートの新しい夢を叶えている途中です。内容については叶ってから教えてくれるのかな。「人生は一度きりだからやりたいこと全部やりたい」と話す彼の次のノートに綴られた新しい夢も全て叶えられますように。

 

12.めめ日

ジャニーズweb内で毎月3の倍数日に更新されるSnowManのブログ的存在「すの日常」。毎月24日は目黒くんの担当で通称「めめ日」と呼ばれています。本人の気持ちを本人の綴る言葉で知ることができる素晴らしいツールです。いつも内に秘める熱い想いを長文にしたためてくれてすごくありがたいなと思っています。メッセージ性が強い。ちゃんと各メンバーのお知らせもしてくれるし愛に満ち溢れてる。早く自由に更新できる環境になってほしい気持ちもありつつ、月に一度の大事な楽しみにしておきたい気持ちもあります。仕事で疲れた日に読むめめ日は沁みる。私のバイブル

 

13.サイン

サインがね、目黒蓮ってそのまんまなんですよ。すごく目黒くんらしいと思いません?めちゃくちゃ好きなんですよね。もしかしたら将来的に変わってしまうのかもしれませんが、私個人としてはこれが一番ベストな気がしています。このまま貫いてほしいな。

 

14.鯖落ち

目黒くんといえば、の代名詞。FINEBOYSでの単独表紙が解禁されれば2号連続で公式サイトのサーバーが落ちるし、目黒くんを好きだと公言してくださっている坂本冬美さんがSnowManについてのブログを更新すればサーバーが落ちました。鯖落としの目黒

 

15.歌舞伎

滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』にて『男と女の舞』が初披露されました。前回は総踊りの時しか出番がなかったのでこれが目黒くんの初歌舞伎となりました。本当に嬉しかったです。なんなら初見の時泣きました。めちゃくちゃ色男だったな…。『滝沢歌舞伎ZERO 2021』では生で観られることを楽しみにしています。

 

16.女装

『7G』伝説の企画、ミス7G。放送直前目黒くんが散々「嫌いにならないでね」と言いまくっていたこの企画。嫌いになるはずがなくない!?玄人感強めではあったけどめちゃくちゃ綺麗だったよ!?女格闘家とか言われていましたが私の中では目黒くんが優勝でした。是非リベンジ企画をお願いしたいですフジテレビさん!『7G』第4弾の放送お待ちしてます!てゆうか普通に女装企画見たいんだけどアイドル誌とかYouTubeでやりませんかね?

 

17.ザリガニ

目黒くんの特技といえばザリガニ釣り。公式サイトのプロフィール欄にもしっかり記載されています。以前から何度も公言しており、そんなに上手いの?と思っていたのですがガチでした。証拠動画がこちら。この動画を見たジャニオタではない友人が若干引いていました。

そんな目黒くんですが、2019年の『SnowManの素のまんま』ハロウィン企画にてザリガニ(というかロブスター?)のコスプレをしています。個人的にあの格好でピザーラエビマヨのCMに出てほしいのでピザーラさん是非オファーお待ちしております。

 

18.色気

2D.2D.のメンバー紹介ラップでしょっぴーに「色気!色気!色気!色気!もう色気しか勝たん!」と言わせたくらい色気がある(どんな説明?)。普段小学生男児みたいな感じなのになんであんなに色気が出るのか不思議で仕方ないんですけど、本人曰く「人生経験によって滲み出るもの」らしいので今後もっと大変なことになってしまいそうで怖いです。オタクが死なない程度でお願いします

 

19.髪型

長年貫いたテクノカットも似合うし、役づくりのためにバッサリ切った短髪も似合う。ステイホーム期間中のIslandTVのセルフカット動画も話題になりましたね。

https://j-island.net/movie/play/id/5293%20

個人的には黒髪派なんですがサマパラ後半日程で見た染めたての茶髪がめちゃくちゃかわいかったのでまた見たい気持ち。あれ、当時のひーくんの髪色に憧れてセルフカラーしたんですよね…。かわいい…。

 

20.ファン想い

これは金言なので何度でも言いますが、デビューコンサートの配信で目黒くんが言った「昔から応援してくれている人たちは支えに、最近応援しようと思ってくれた人たちは力に、ふたつ合わせて原動力になっている」という言葉が大好きです。全てはこの言葉に詰まっていると思います。めちゃくちゃファン想いじゃない?いろんな言動からファンの人生や生活を一番に考えてくれている感じが伝わってきます。「ご飯いっぱい食べてね!」って言ってくれるアイドル他にいないよ?そうやって真摯に向き合ってくれるからこそファンとしても背筋が伸びます。いつもありがとう。

 

21.予習

事前に予習ができる人間です。バラエティー番組に出演する時に事前にどんな企画をやるのかわかっているとちゃんと予習してから挑むんですよね。『それSnowManにやらせてください』のキャラ弁企画とかね。胸キュンボイス企画も過去の傾向を自分なりに分析して対策立ててきたし。えらくない?やろうと思っても簡単にできることじゃないし、できる人も少ないと思う。少なくとも私にはできないです。目黒くんのこういうところ、すごく強みだと思います。これからもその姿勢を貫いていってほしいです。

 

22.殺陣

目黒くんが以前所属していた宇宙Sixが和物を得意としていたこともあり、殺陣が非常に上手いです。『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』の九剣士を観てくれ!戸板倒しの時に上段でふっかさんを支えた後腰を低くして飛び降りるところがめちゃくちゃ好きです(殺陣関係ない)。個人的には背が高いので槍の殺陣も見てみたいなあと思うのですが、なかなか難しいですよね…。『必殺仕事人』とかで槍使いの役のオファー来ないかな…。テレビ朝日さんいかがでしょうか?(全方面にアピールしていくスタイル)

 

23.バック転

以前先輩グループのコンサートのバックについていた時に失敗して以来トラウマになってしまっていたアクロバット(その時の勲章があの左眉頭です)。彼はその恐怖を根性で捩じ伏せ、少しずつではありますがまたできるようになってきました。すごいよね。本当だったら去年春のデビューコンサートで披露する予定だったそうですが、配信コンサートでは『教場Ⅱ』の撮影中だったこともあり披露を断念。なんと先日放送された『1億3000万人のSHOWチャンネル』の櫻井翔先輩の企画内で初披露されました。普通の顔で当然のようにやってるからびっくりしたんだけど、その後のめめ日や『素のまんま』で裏話を知ってさすがに泣いちゃいました。櫻井くんにコツを聞かれて「根性」って答えてたのがまた目黒くんらしくて。最高の男を好きになったなって思わされました。これからも大きなケガのないよう、できることの幅を広げていってもらえたらなって思います。

 

24.目黒蓮

目黒蓮目黒蓮であるということ。これに尽きます。

こうやって改めて書き出してみると目黒くんには突出した能力がたくさん備わっているんだなって思わされるのですが。天性の才能を磨き続けているものもあるし、持ち前の根性と努力によって手に入れたものもある。メンバー紹介ラップの「研いでくぞ剣」っていう歌詞が本当にぴったりだなあと思います。あべさんに感謝。

目黒くんがSnowManに加入して2年ちょっと。私がファンになって2年近く。増員が発表された日はちょうど風邪で寝込んでいたのでテレビを観る余裕もなくて。ツイッターで身内の女たちが騒いでいるのを眺めながら「なんかジャニーズですごいことが起こってるっぽいな…」とぼんやり思っていたくらいでした。めちゃくちゃ他人事だったはずなのにそれから3ヶ月後には自分も当事者になっちゃったんだから人生何があるかわからないよね。もうジャニオタには絶対出戻らないと思ってたのになあ。

加入当初は今よりもずっと風当たりが強くて、超ド新規オタクの私ですら悔しいと思うことがたくさんありました。当時本人がどう感じてたか想像するだけでしんどいもん。それでも全くもって弱いところを見せなかった(見せようとしなかった、が正解かな)目黒くんが、最近になってあの頃のしんどさみたいなものを少しずつ語ってくれるようになったのは大きな進歩なのかなって思っています。あの頃と比べたら味方の数が圧倒的に増えたもんね。

現時点で目黒くんのファンがどのくらい増えているのか、現場がないので詳しくはわからないのですが。SNSを見ていても圧倒的にファンが増えたなと感じることが多くなりました。表紙を飾った雑誌が完売する男なんだからそりゃあ人気があるはずなんだけど、自分の目で確認してないから実感が湧かないんですよね。イマジナリー人気(イマジナリー人気?)なんじゃないかと思っちゃう。早く現場で確認したいな…。というか早く現場に行かせてくれ…。

 

 

こういうブログを書くと締めは毎回同じような感じになってしまうのですが。

アイドルでいてくれてありがとう。

ジャニーズ事務所を辞めないでくれてありがとう。

あなたがいてくれるから毎日幸せに生きていられます。

24歳の一年も実り多く、たくさんの可能性と幸せに満ちた一年でありますように。

「やっぱり会いてえんだよな」って言ってくれた言葉を噛み締めて、次に会える日まで健康に生きていきたいと思います。この間の健康診断で引っかかったけどな!わはは!

 

 

 

 

 

全てまとめてから書きたいことが増えてしまったので追記のような形で書かせていただきます。

先日放送された木村拓哉さんのラジオ『Flow』に目黒くん(とこーじくん)がゲスト出演しまして。その中で改めてSMAPさんのこの瞬間、きっと夢じゃないという曲に秘められたエピソードについて語っていました。この話を初めて知ったのが目黒くんがSnowManに加入して初めてのラジオ出演となったA.B.C-Zさんの『今夜はJ's倶楽部』だったのですが、それからこの曲は私にとっても大切な曲になりました。以前も書きましたがこのブログのタイトルもこの曲からいただいています。

この話を『教場Ⅱ』の撮影現場で木村さんに直接伝えたということは雑誌のインタビューや木村さん本人の発信で知っていたのですが、改めてその話を本人たちの口から聞けるのがなんだか信じられなくて終始緊張しながら聴いていました。ラジオの中で目黒くんにとっての人生の一曲としてこの曲が流れると「あの時の自分に言っても絶対に信じられない」と感極まって涙する場面もあったりして。曲の合間合間にこぼれる目黒くんの言葉がとても沁みました。木村さんとの出会いは間違いなく目黒くんの今後の人生に大きな影響を与えたと思っています。

先日職場のテレビ台の中を片付けていたところ、2013年の紅白歌合戦を録画したDVDを見つけまして。同僚たちと「どんなのだったっけ?見てみる?」という話になり軽い気持ちで再生してみたところ、よく目黒くんが話題にしていたSexyZoneが初出場した時のものでした。画質が悪すぎてあまり詳しいところまでは見られなかったのですが、この演出を裏方で支えているのが目黒くんなのか…と考えると胸が締めつけられる思いでした。でもあの時辞めずに頑張ってくれたからこそ出会えたんだと思うと感謝しかありません。本当にありがとう。

改めまして、24歳のお誕生日おめでとう。

 

f:id:hiki_warai:20210216113538j:image

あけおめコン

突然ですが

先日生配信された『関西ジャニーズJr. あけおめコンサート2021~関ジュがギューっと大集合~』について語らせてくれ!!!!!!!

 

関西ジャニーズJr.って各グループいろんな特色があっていいんですけど、集まった時に1+1+1が3じゃなくて100くらいになるところがめちゃくちゃ好きなんですよね。例を挙げると今回のスーポコさんのくだりとかね。一日で団体芸に仕上げてきたのすごすぎない?元々グループという概念がない中で共に切磋琢磨してきたからこその一体感なのかもしれません。

 

今回コンサートを観ていて思ったのは『アホ新世界』と『空言オーケストラ』を持ってる関ジュは強いな〜〜ということでした。

『アホ新世界』というタイトルは大阪に実在する繁華街である新世界から取っていて、歌詞の中にも出てくるように『アホニューワールド』と読みます。そうです、ディズニーのあの名曲のパロディータイトルになっているのです。これだけ聞いたらトンチキソングだと思うじゃん?正解!!!!!!でも一筋縄でいかないのがこの曲の素晴らしいところで。歌詞の内容も関西らしい感じになっているのですが、その中になにわ男子、Lilかんさい、Aぇ! groupの名前をもじったフレーズがあったり、この3グループの他にも関ジャニ∞ジャニーズWESTの楽曲タイトルや歌詞に出てくるフレーズが散りばめられているんです。すごくない?初めて聴いた時めちゃくちゃ感動した。ちなみに「なにわ、かんさい、Aぇところ!」の振り付けは各グループの決めポーズとなっております。ね、大天才でしょ?

そして『空言オーケストラ』。この曲は昨年の京セラドームコンのアンコールで初披露され、昨年放送された関西ジャニーズJr.が主演を務めたオムニバスドラマ『年下彼氏』の主題歌になっていました。私もフルで聴いたのは今回が初めてだったのですが、全員真っ白な衣装で歌う光景はちょっと幻想的で美しかったです。この歌詞をこの子たちに歌わせるのか…という気持ちも少なからずありましたが、だからこそ刺さるものがあるというか。聴いていると小島くんが正門くんの歌う「結局僕らは夢を追いかけた」というパートで泣きそうになったっていう話を思い出しちゃうんですよね。もんビバエモい…。

 

関西ジャニーズJr.の名曲って他にもたくさんあるんですけど、私が一番好きなのは『ハチャメチャ音頭』です。最近全然歌ってくれないから死んだのかと思っていたのですが、なんと!アンコール一発目がこの曲でした!初日にちびジュのキューで流れ出した瞬間大歓喜してしまった。もうね、歌詞の意味がわからなすぎて最高なんですよ(全力で褒めています)「どこだって祭り始めろーー!!」も意味わかんないけど「ドン(ドン‼︎) ドン(ドン‼︎) ドンカッ(カーッ‼︎)」っていうコール&レスポンスも意味わかんない。最高。こんなに元気になれる曲他にないです。大好き。早く生で浴びたい。

 

そしてなんの前触れもなく突然はじまったメンカラメドレーなにわの日を彷彿させられてめちゃくちゃよかったです。

トップバッターはメンカラレッドによる『Prince Princess』。スタンドマイク使う演出めちゃくちゃ好きなんですよね。「Hold me  Love me  Kiss me」って恥ずかしそうに言うとあちゃん優勝した。『One Love』といいこの曲といい、もしかしたらレッドは本物の王子様なのかもしれません。

次がイエローによる『無鉄砲ボーイ』。この曲はジャニーズWESTのユニット曲なのですが、Jr.がカバーするのにもってこいの曲だなって思ってたんですよ。個人的に淳太くんのイメージが強かったのでイエローがやってくれたことが本当に嬉しかったししっくりきました。本家リスペクトのパフォーマンスもすごくよかったです。今回のメンカラメドレーで一番好きでした。

オレンジの『Real Sexy!』はりゅちぇとたいちぇのアイドル力が高すぎてビビりました。かわいいねえ。たいちぇこの一年でめちゃくちゃ歌上手くなったなって改めて気づかされた曲でもありました。

ピンクというかみっちーソロの『Oh!my darling』。原曲は聴いたことないんですが、いろんなJr.がカバーしているので聴いたことがありました。メンカラメドレーをやることが決まった時点でこの曲を提案したそうで。やっぱり強火山田担は違うわ。

グリーンの『Big Bang』は意外でした。総合的な歌唱力が一番高いのでなんでも歌いこなせちゃうと思うんですが、この系統で来るとは思ってなかったのでインパクトが強かったです。それにしてもるーくちゃんの歌声はこういう曲が似合いますね。大橋くんのパワフルな歌声もまさやちゃんの透明感のある歌声もいい感じにアクセントになっていてよかったです。

パープルの『My Life』は唯一知らない曲だったんですが、菊池風磨くんのソロ曲って聞いてメンカラ紫じゃん……してしまいました。メロウな曲で大人っぽくてめちゃくちゃよかった。パープルのメンバー普段はちょっと不思議ちゃん気質だけどバチッとパフォーマンスした時のギャップがエグすぎるんですよね。これからもそのままでいてほしい。

ブルーの『何万回だって「君が好き」』。リアコ枠による王道リアコバラード、嫌いなわけがない。なにわの日がだいぶ凝ったギミックで攻めていたので、今回はストレートにバラードで勝負してきたのは個人的にめちゃくちゃ効きました。リアコ枠強い…。

 

回替わり演出としてファンからのリクエスト投票で選ばれた曲をシャッフルユニットでやったんですけど、それはド新規の私が語るには荷が重すぎる曲ばかりなので割愛します(丈橋とリチャ末の『Missing Piece』で爆泣きしたことはここに記しておきます)。ひとつだけ言わせてもらうとこじとあの『パンぱんだ』は大天才でした。まじでこじとあチャンネルやってほしい。事務所のお偉いさん方よろしくお願いします。

 

 

今回のあけおめコンは昨年開催された『関西ジャニーズJr. 夢の関西アイランド2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足100%〜』と同じく、毎年恒例のお正月コンサートです。ということは私が関西ジャニーズJr.を好きになって一年の節目のタイミングでもあるわけです。まだ一年しか経っていないのが不思議なくらい関ジュが生活の一部になっている気がしています(最近関バリリアタイするの忘れちゃうけど)

ジャニーズJr.チャンネル参戦や『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』など今後も楽しみがたくさんあってありがたい限りです。Aぇ‼︎‼︎‼︎たいちぇ回の(正門抜き)の真相がここで回収されるのめちゃくちゃ面白いでしょ。まだまだ悔しいこともたくさんありますが、本人たちの「悔しい」って言葉を忘れないように応援していくしかないなって思っています。

先日から末澤くん出演の連続ドラマ『知ってるワイフ』がはじまりまして。FODで配信されている末澤くん演じる篠原恭介が主演のスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がまーーーーかわいくて面白くて最高なので是非観ていただきたいです。

末澤くんがオーディションで勝ち取った役なので!!!!!!(重要)

https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4t00/

 

2021年も『ハチャメチャ音頭』共々このブログをよろしくお願いします!!!!!!(何故?)